何でもありの備忘録
by takahiro_komiya
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
NHK サイエンス・ゼロ「量子暗号」
先週の NHK サイエンス・ゼロにて量子暗号の放送をしていた。この放送、わかっている人にはとってもいいのだが、わかってない人には??だったらしい。

受けた質問:
-何で光子を二つに分けるの?
-お互いに正しく受信できたビットを確認して、確認できたビットだけを鍵にする手間をかける理由が分からない
-量子暗号だと何が嬉しいのか分からない
-そもそも相手は本当に正しい相手なの?

はい、みなさん、もう感じているとおり、いくつかの重要なファクターが放送には含まれていませんでした。30分番組に全部盛り込むのは難しいですが、ぜひ挑戦してほしかった。

光子を分割し、送信したいデータと干渉させ、重ね合わせるのはもちろんエンタングル状態をつくるためです。

正しく受信できた部分のみ鍵に使うのは、重要な意味があります。ここでつき合わせるのは、ビット内容ではなく、何番目のビットをどちらの状態で読んだかであり、内容については "0" or "1" かをやりとりしているわけではないというところです。

量子暗号のメリットは中間者が傍受するとエンタングル状態が壊れる結果、中間者の存在がわかるということですね。

最後の部分は電子署名や認証の話になるので今回は入れなかったのかもしれないけど、やっぱり突っ込まれましたよ、NHKさん。


RSAといい、量子暗号といい、天才はすごいねぇ
by takahiro_komiya | 2011-07-04 12:18 | その他 technology
<< ガリレオX「暗黒物質の謎」 FCoE over TRILL >>