何でもありの備忘録
by takahiro_komiya
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
NVMe over fabrics battle
ここでもでているが、RoCEやInfiniBandとは違う形で protocol translation を行わない NVMe over Fabrics の形として FC/Ethernet のバトルが熱い。

However, FC-NVMe may lead to a Fibre Channel resurgence if it can offer tangible benefits over competing RDMA over RoCE and InfiniBand implementations. There is no doubt that NVMeF is coming to the datacenter on an accelerated time frame - the only question is which interconnect will prove to be the most popular.


上記のいっていることはまったくそのとおりだと思う、ただし上記には多少の強引さもある。

似たような話はいたるところに出ているが、陽に書かれていないのは、Storage Context なのか Non Storage Context なのかという話。前者であれば単なる低遅延ストレージ(とはいえ、NVMeならではの多平行I/Oなどはある)であり、FCの意味もある。米国のようなストレージ/SAN管理者がいるところでは特にそうだ。FCoEがはやらなかった理由でもある。後者の場合、逆に RDMA 勢が強い。もともとFCは Initiator-Target の関係がはっきりしている環境で使う(そうでない環境で問題があるわけではないが)。しかし、RDMA verb を利用する API ベースでの persistence だと必ずしも固定的ではない。とすると、discovery などをfabricサイドで完全に自動化する意味は減る。

当面、各ベンダがやろうとしていることは Storage Context なので FC-NVMe が優勢だと(個人的には)思っている。
by Takahiro_Komiya | 2016-01-13 15:19 | ファイバチャネル
<< NVMe over fabri... エスプリが来た >>