何でもありの備忘録
by takahiro_komiya
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
<   2004年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
FC接続サービス
広域FC接続サービスの一覧

KVHテレコム

Global Access

NTT Communications
by takahiro_komiya | 2004-11-30 19:03 | ファイバチャネル
MPR の記事 Building the uber-SAN
InfoWorld の Product Guide の記事なり
by takahiro_komiya | 2004-11-30 09:36 | ファイバチャネル
SPIDI のオーバパンツ
NAPS港北店で SPIDI のオーバパンツを購入。4万2000円(税込)はちと高いか。早速
木曜日の会社のオフサイトミーティングのときに使ってみよう。ちなみに p ERGO なのだ。

本当は今日箱根に行こうと思ったけど、飲みすぎで起きられず断念。
by takahiro_komiya | 2004-11-21 13:45 | バイク
マルチプロトコルルータ 中級編(後編)
FC Router の設定してみよう
1.事前調査
MPR の FCR を設定するためには事前に知っておいたほうがいい項目がいくつか
ある。さて、どんなものがあるかというと:

・LSAN_Zone で共有するデバイスの port WWN
 ・Meta SAN 中では Domain, Port は固有ではないため、LSAN_Zone の設定には
  使えない。したがって本質的に port WWN で設定することになる
・各ファブリックのアドレスフォーマット
 ・Native, Core-PID, Extended-Edge-PID のどれであるかを調査する
・各ファブリックの TOV
 ・E_D_TOV, R_A_TOV を調査。とはいえ、通常はデフォルトだと思うので、特に
  設定していないかどうか調査
・MPR とライセンス
 ・当たり前だが MPR が必要。現在は MPR は FCR, FCIP のライセンスを含むので問題は
  ないだろうが、一応確認。FCIP と FC Routing Service のライセンスはあるかな?

2.設計の前に
以下の3点を決めよう。

・Edge Fabric ID (FID)
 ・各 Edge Fabric の FID を決めましょう。FID=1 は Backbone Fabric の FID の
  デフォルトなので辞めておきましょう(別に使ってもいいけど)
・Backbone Fabric の FID
 ・Backbone を使用する、しないに関わらず、決めましょう。デフォルトは1です
・トポロジ
 次で詳細を書きます

3.トポロジ
MPR を使った SAN トポロジにはいろいろなものがあるのだが、通常の SAN の設計と
同様、お勧めは以下の2つである:

・Dual/Resilient Router トポロジ
・Backbone Fabric を使用した Dual/Resilient Router トポロジ

もし、将来接続される Edge Fabric が8個以上になるような場合、Backbone Fabric
の利用がお勧めなり。この手のネットワークは想像以上にでかくなることがあるので
最初から Backbone 前提に設計しておきましょ。ちなみに IFL は2本以上ひくことを
お勧めしますだす。

ここからは実際のコマンドラインの解説です。トポロジは冗長化とは無縁の単一 MPR
なり。また、IFL も1本です。

<サンプル構成>

4.マニアック設定
もし Backbone Fabric の FID は 「1じゃ嫌よん」というマニアな方。ここから設定
です。それ以外の人は次から。まず、fcrconfigure コマンドで Backbone Fabric の
FID を設定するだす。未設定なので switchdisable になっても問題ないでしょ。

fcrconfigure は引数とりません。ただし、switchdisable で設定が必要です。

MPR:admin> switchdisable
Switch is being disabled................
Switch disabled
MPR:admin> fcrconfigure
FC Router parameter set. to skip a parameter
Backbone fabric ID: (1-128)[1] <-好きな FID にしましょう
You must run switchenable to return the switch back to online state.
MPR:admin> switchenable
Switch enabled

5.EX_Port の設定
次の手順で EX_Port を設定するのじゃ。関係ないけど、ポート単位でコマンドを打
つ必要がなくなったのはよいことじゃ。

MPR:admin> portstop 0-1
port 0 stopped.
port 1 stopped.

MPR:admin> portcfgexport 0 -a 1 -f 2
MPR:admin> portcfgexport 1 -a 1 -f 3

ちなみにコマンドの書式は以下のとおりです。

portcfgexport -a <1|2> -f -p -d

MPR:admin> portstart 0-1
port 0 started
port 1 started

上記で EX_Port の設定はできた。これで Front Domain の用意ができたわけだが、
実際はまだ生成されていない。この時点ではこんな感じ。ちなみに switchA は SW3250, switchB
は sw3200 なのでちょっと見え方が違う。

MPR:admin> switchshow
FC router BB Fabric ID: 1

Port Media Speed State Info
=======================================
0 id N2 Online EX_PORT 10:00:00:05:1e:34:15:52 "" (fabric id = 2)
1 id N2 Online EX_PORT 10:00:00:60:69:c0:05:74 "" (fabric id = 3)
2 -- AN No_Module

switchA:admin> switchshow
Area Port Media Speed State
==============================
0 0 id N2 Online E-Port 50:00:51:e1:62:01:1e:00 "fcr_fd_160_0" (downstream)
1 1 id N1 Online F-Port 10:00:00:00:c9:24:f6:64
2 2 id N2 Online L-Port 4 public

switchB:admin> switchshow
port 0: id N2 Online E-Port 50:00:51:e1:62:01:1e:01 "fcr_fd_160_1" (downstream)
port 1: id N2 No_Light
port 2: id N2 Online L-Port 4 public

Fabric の状態はこんな感じ。

MPR:admin> fcrfabricshow
FCR WWN: 10:00:00:05:1e:16:20:11, Dom ID: 100, Info: 192.168.246.45, "MPR"
EX_Port FID Neighbor Switch Info (WWN, enet IP, name)
------------------------------------------------------------------------
0 2 10:00:00:05:1e:34:15:52, 192.168.246.46, "switchA"
1 3 10:00:00:60:69:c0:05:74, 192.168.246.47, "switchB"

switchA:admin> fabricshow
Switch ID Worldwide Name Enet IP Addr FC IP Addr Name
-------------------------------------------------------------------------
1: fffc01 10:00:00:05:1e:34:15:52 192.168.246.46 0.0.0.0 >"switchA"
160: fffca0 50:00:51:e1:62:01:1e:00 0.0.0.0 0.0.0.0 "fcr_fd_160_0"
The Fabric has 2 switches

MPR は見えず、Front Domain のみが見えていることがわかる。

switchB:admin> fabricshow
Switch ID Worldwide Name Enet IP Addr FC IP Addr Name
-------------------------------------------------------------------------
2: fffc02 10:00:00:60:69:c0:05:74 192.168.246.47 0.0.0.0 >"switchB"
160: fffca0 50:00:51:e1:62:01:1e:01 0.0.0.0 0.0.0.0 "fcr_fd_160_1"
The Fabric has 2 switches

こちらも MPR は見えず、Front Domain のみが見えていることがわかる。

6.xlate Domain の設定
FCR の設定をするのにこの過程は必須ではないが、一応書いておきます。だって
勝手に xlate Domain を設定されるのは気持ち悪いでしょ。

fcrxlateconfig

MPR:admin> fcrxlateconfig 2 3 101
MPR:admin> fcrxlateconfig 3 2 101

この結果は次のようになります。

MPR:admin> fcrxlateconfig
EdgeFid RemoteFid Domain OwnerPid XlateWWN
002 003 101 640000 N/A
003 002 101 640100 N/A

7.slot(Proxy Device)の設定
これまた必須ではないです。Proxy Device のスロット(PID の ddppaa の ppaa)
を設定です。ドメインは xlate Domain になるので、ここでは関係ありません。

fcrproxyconfig -s ,

MPR:admin> fcrproxyconfig -s 3 10:00:00:00:c9:24:f6:64, 8001
MPR:admin> fcrproxyconfig -s 2 21:00:00:0c:50:52:ad:4a, 8001

で、こんな感じになります。

MPR:admin> fcrproxyconfig
Edge FID device WWN Slot
003 10:00:00:00:c9:24:f6:64 8001
002 21:00:00:0c:50:52:ad:4a 8001

8.LSAN_Zone の設定
後は各 Edge Fabric で普通に Zone を設定するだけです。ただし、zoneset のメ
ンバ(cfgcreate するときのメンバのことね)は "LSAN_" もしくは "lsan_" で始
まる必要がある。あと、さっきも書いたけど zone メンバは port WWN である必要
があります。

alias は作る必要はないけど、やっぱり作っておきましょう。わかりやすいし。
ちなみに API scripting kit さえあればこんな設定は excel でやっておけば
ちょちょいのちょい(スクリプトは書く必要があるけど)。

switchA:admin> alicreate "storage", "21:00:00:0c:50:52:ad:4a"
switchA:admin> alicreate "server", "10:00:00:00:c9:24:f6:64"
switchA:admin> zonecreate "LSAN_test", "server;storage"
switchA:admin> cfgcreate "hoge", "LSAN_test"

同じ作業を switchB でも行った後に普通に cfgenable "hoge" でオッケー。ちな
みに switchA で cfgEnable を行い、switchB で cfgEnable を行わないと xlate
Domain は生成されない。この状態で fcrphydevshow を見てみる。

MPR:admin> fcrphydevshow
Device WWN Physical
Exists PID
in Fabric
-----------------------------------------
2 10:00:00:00:c9:24:f6:64 010100

proxy device はというと、こっちはまったくできていない。

MPR:admin> fcrproxydevshow
No proxy device found

ということでデバイスはひとつしか見えていない。switchB で cfgEnable をする
と以下になる。

MPR:admin> fcrphydevshow
Device WWN Physical
Exists PID
in Fabric
-----------------------------------------
2 10:00:00:00:c9:24:f6:64 010100
3 21:00:00:0c:50:52:ad:4a 0202e2

MPR:admin> fcrproxydevshow
Proxy WWN Proxy Device Physical State
Created PID Exists PID
in Fabric in Fabric
----------------------------------------------------------------------------
2 21:00:00:0c:50:52:ad:4a 65f001 3 0202e2 Imported
3 10:00:00:00:c9:24:f6:64 65f001 2 010100 Imported

ということで、MPR の FCR の設定は無事できたようです。

デバイスはどのように見えるのか
ではデバイスはどのようにみえるのかが知りたくなります。各 Edge Fabric の状
態はこんな感じです。

switchA:admin> fabricshow
Switch ID Worldwide Name Enet IP Addr FC IP Addr Name
-------------------------------------------------------------------------
1: fffc01 10:00:00:05:1e:34:15:52 192.168.246.46 0.0.0.0 >"switchA"
101: fffc65 50:00:51:e3:1a:5f:0f:5e 0.0.0.0 0.0.0.0 "fcr_xd_101_3"
160: fffca0 50:00:51:e1:62:01:1e:00 0.0.0.0 0.0.0.0 "fcr_fd_160_0"

The Fabric has 3 switches

switchB:admin> fabricshow
Switch ID Worldwide Name Enet IP Addr FC IP Addr Name
-------------------------------------------------------------------------
2: fffc02 10:00:00:60:69:c0:05:74 192.168.246.47 0.0.0.0 >"switchB"
101: fffc65 50:00:51:e3:1a:5f:0f:5f 0.0.0.0 0.0.0.0 "fcr_xd_101_2"
160: fffca0 50:00:51:e1:62:01:1e:01 0.0.0.0 0.0.0.0 "fcr_fd_160_1"

The Fabric has 3 switches

ちゃんと xlate Domain が見えています。しかも 101 のドメインとして見えて
います(^^)V。ちなみに switch Name はこういう意味です。

fcr_fd_160_0 port0 に接続された EX_Port が 160 番の Front Domain として見えている
fcr_xd_101_3 FID3 の xlate Domain が 101 として見えている

各 Edge Fabric のデバイスの状況を見ると確かに 65h(=101) で slot f001
のデバイスが見えている

switchA:admin> nsallshow
{
010100 010227 010229 01022a 01022b 65f001
6 Nx_Ports in the Fabric }
switchA:admin>

switchB:admin> nsallshow
{
0202e2 0202e4 0202e8 0202ef 65f001
5 Nx_Ports in the Fabric }


さて、ここで疑問。slot は 8001 を与えたはずなのに、なぜ f001 なのか。2004年
11月15日現在、調査中なのです。
by takahiro_komiya | 2004-11-20 13:55 | ファイバチャネル
マルチプロトコルルータ中級編(前編)
Brocade SilkWorm Multiprotocol Router を使ってみよう


中級編(前編)
  FCR の言葉
  FCR の概念
  Multiprotocol Router 特有なコマンド群

中級編
FCR の言葉
ここで Multiprotocol Router の言葉を説明するけど長いので注意。

MPR Multiprotocol Router のこと
MSRS Multiprotocol SAN Routing Service の略。FC-FC ルーティングサー
ビス、FC-IP ゲートウェイサービス、iSCSI-FC ゲートウェイサービ
スの総称
FCR FC Routerのこと。FC Routing サービスを提供している MPR のこと
FC-NAT FC Network Address Translation のこと。FCR は互いのファブリック
全体を仮想的な単一のスイッチ(xlate Domain)に写像するのだが、そ
の技術のこと
Meta SAN ルータで結合されたファブリック全体のこと
Edge Fabric デバイスが結合している SAN のこと。ここではルータで共有したい
デバイスの接続された SAN のことをいっている
Fabric ID 各 Edge Fabric を区別するための ID。勝手なイメージで書くと、
MPLS でいうところのラベル、もしくはタグみたいなもん。もちろん
ここのスイッチの ID ではない
IFL Inter-Fabric Link のこと。各 Edge Fabric と FCR を接続するリン
クのこと
Backbone Fabric FCR のポートを拡張するために構成するファブリック。Meta SAN ご
とに Backbone Fabric はひとつ存在する。
LSAN Logical Private SAN のこと。各ファブリックをまたいで構成する
ことが可能な仮想的なSAN。はっきりいってただのゾーニング
LSAN Zoning LSAN を構成するときに設定するゾーニングのこと。普通のゾーンと
の違いは、単にゾーンの名前が "LSAN_" もしくは "lsan_" で始ま
るというだけのこと
EX_Port FCR と Edge Fabric のスイッチを結合するときの FCR 側のポート。
Edge Fabric 側からは通常の E_Port に見える。ちなみに Edge Fabric
側のスイッチのポートは当然 E_Port
NR_Port EX_Port(ただし、Front Domain) の Backbone Fabric 側への写像。
しかし、Backbone Fabric からは特に見えない。FCR を冗長化したと
きに、FCR 間でステータス交換を行うために使用する(LSAN_Zone, FID
などいろいろあるでしょ)
Front Domain Edge Fabric が FCR に接続するとき、Edge Fabric からみると FCR
のポートは E_Port(つまり普通のスイッチ)にみえるわけだが、その
時に見える仮想スイッチのドメインナンバのこと
xlate Domain FC-NAT により射影された、共有対象デバイスの接続されているファ
ブリックを仮想化したスイッチ。要はファブリック A からファブリッ
ク B(ファブリックBにいくつドメインがあってもよい) のデバイス
を共有するときに、ファブリックBを仮想的に1つのスイッチと見立
てたもの。Translate Domain ともいう
Proxy Device LSAN Zoning を構成したデバイスは、互いに xlate Domain に接続
された仮想デバイスとして見えることになる。このときのデバイス
を Proxy Device という。Web でいうところの Proxy Server と同
じことですな
FCRP FC Router Protocol の略。FSPF が同一ファブリック内のスイッチ
間での最短経路を決定するのに対し、FCRP は、Backbone Fabric
で接続されたファブリック間に複数の FCR が存在する場合に、xlate
Domain を適切にリモートファブリックに通知するように経路を決
定するプロトコルである
VE_Port IP 系プロトコルを利用するときのポートのこと
XPath OS Multiprotocol Router の動作している OS のこと。従来の製品で
使用していた Fabric OS とはコマンドが非常に似ている。ちなみに
Fabric OS 4.x が Linux ベースなのに対し、XPath OS は NetBSD
ベースだ。仮想化アプリケーションは、この XPath OS の上に SAS
(Storage Application Services)が載り、アプリケーションとのイ
ンタフェースになっている

<用語解説の絵>

FCR の概念
FCR は先でも書いた FC-NAT をベースにしたルーティング技術なり。フレームの構成
はこんな感じ:

<フレームの絵>

Backbone Fabric を使わないときは、単に、SID(Source ID:フレームの送信元)と DID
(Destination ID:フレームの送信先)を MPR が書き換えているだけに過ぎないのだ。
書き換えた後の SID が xlate Domain になり、DID が共有先のデバイスのデバイス
Proxy Device になるというわけだ。フレームのペイロードには手をつけないのでデ
バイスからみるとルータは透過になる。

Backbone Fabirc を利用するときは、カプセル化するだけである。つまり、Backbone
Fabric 側でトラフィックを見ると通常のファイバチャネルフレームが流れているだ
けである。ただし、Inter-Fabric Address ヘッダーが付け加わるのが異なる。この
ヘッダーにより、Source FID, Destination FID の間情報が交換可能になる。要は
このプロトコルを利用して Inter-Fabric ルーティングを行っている。現状ではま
だ Brocade Proprietary である。

Backbone Fabric 中の FC-FS ヘッダの SID/DID はどうなっているでしょう?答え
は、リアルな SID/DID が入ります。何故かって?そりゃ企業秘密です。Ingres-Port
(流入ポートに入ったときに何かが変わり、Egres-Port から出るときに何かが変わ
るということです)

例えば、Front Domain が異なるが(もちろん異なる MPR という設定でもよい) xlate
Domain が同じ path が複数ある場合、これらの複数の path のうち、リンクコスト
が最小でかつ等価な path は選択される可能性があるが、これを制御しているのが
FCRP である。

あくまで例えだが、Ethernet/IP でいうところの STP/OSFP の違いと比較できるの
ではないだろうか。もちろん FSPF = STP, FCRP = OSFP みたいなイメージであるが。
あくまでレイヤの違いを表す例だけど。


Multiprotocol Router 特有なコマンド群
さて、この MPR 、上記でも書いたとおり、通常のスイッチではないので、従来の
SilkWorm FC Switch/Director からいくつかコマンドが増えています。下記にその
うち MPR に関連するものを書くよ(使用についてはマニュアルを参照のこと):

portCfgEXport MPR とスイッチを接続する EX_Port を設定する
lsanZoneShow LSAN_Zone の表示(MPR 上で)
fcrFabricShow Backbone Fabric 中にある MPR と各 Edge Fabric を表示
fcrRouteShow Backbone Fabric を介して通信するときのルートを表示
fcrResourceShow MPR のリソース使用状況を表示(スロット, LSAN_Zone 等)
fcrLogShow ?
fcrLogClear ?
fcrConfigure Backbone Fabric の FID を設定する
fcrPhyDevShow 全 Meta SAN 中の LSAN で共有されているデバイスの物理 PID を表示
fcrProxyConfig Proxy Device のスロットなどを指定するときに使用
(スロットは translate される port, AL_PA を指定するためのもの)
fcrProxyDevShow Proxy Device の情報を表示
fcrXlateConfig xlate(Translate) Domain の設定
portStop portDisable と似ているが、laser を off するところが違う
portStart portEnable と似ているが、laser を on するところが違う
portType 指定ポートを FC/GbE のどちらにするか設定
portCfgGige Ethernet に設定したポートで使用するプロトコルを設定
portCfgFcip FCIP トンネリングの設定
rnping 指定ポートから指定 IP に対して ICMP を投げる
fcipShow FCIP トンネリング設定の表示
serviceCfg iSCSI サービスの起動(少なくとも XPathOS7.1.2c にはある)
iscsiAuthCfg iSCSI Authentication Database の設定
iscsiFailoverAdd failover 対象スイッチのポートを WWN で指定
iscsiFailoverDelete 上記の設定を解除する
iscsiPortShow iSCSI ポートの統計情報を表示
iscsiShow iSCSI 設定情報の表示
iscsiWwnAlloc iSCSI IQN と WWN のマッピング設定

by takahiro_komiya | 2004-11-20 13:53 | ファイバチャネル
マルチプロトコルルータの件
Brocade SilkWorm Multiprotocol Router を使ってみよう

初級編
  Multiprotocol Router とはなんじゃろう
  SilkWorm FC Switch/Director との違いは
  なぜ Multiprotocol Router が必要なのか
  どんなときに使えるか
中級編
  FCR の言葉
  FCR の概念
  Multiprotocol Router 特有なコマンド群
  FC Router の設定してみよう
  デバイスはどのように見えるのか
上級編
  FCIP の設定をしてみよう
  iSCSI の設定をしてみよう
  各種ステータスを見てみよう
  portLogDump を見てみよう


初級編
Multiprotocol Router とはなんじゃろう
Multiprotocol Router(通称 MPR)の解説は以下のURLを参照のこと。

http://www.brocadejapan.com/products/mpr/index.html

上記いわく、FC-FC ルーティング、FC-IP ゲートウェイ, iSCSI-FC ゲートウェイを実現
するものである。FC-IP, iSCSI-FC はよくわかるが、FC-FC ルーティングとはなんぞや
という質問をよく受ける。詳細は「なぜ Multiprotocol Router が必要なのか」で。

SilkWorm FC Switch/Director との違いは
上記のとおり、通常の FC スイッチだけではなく、IP のハンドリングもできる。つまり
Ethernet(1Gbps Ethernet, まだ 2Gbps Ethernet じゃないよ)のスイッチでもある。設
定だけで FC/Ethernet の切り替えができるので、全ポート(16ポート)を Ethernet の設
定にすれば、高価な Layer-2 Ethernet スイッチの完成。
ちなみにこの製品、ストレージ仮想化機能を実現するためのスイッチであったりする。
これを書いている時点ではまだアプリケーションはないけど。ストレージ仮想化だけじゃ
話は面白くないけど、今後は Brocade の Intelligent Fabric に期待。ストレージの仮
想化だけじゃなく、サーバプロビジョニングまで行えれば SAN の必要性は 100% だから
ね。

なぜ Multiprotocol Router が必要なのか
そもそもなんで MPR (特に FC-FC ルーティング)が必要なのだろうか。FC-IP, iSCSI を
使いたいときは自明なので特に語らなくていいだろう。

FC-FC ルーティングは、ファブリックをまたがった仮想 SAN を構築するものである。つ
まり、複数のファブリックに存在するデバイスを仮想的な SAN にマッピングするための
機能である。この機能から直感的にイメージするのは Cisco の VSAN だが、VSAN は大き
なファブリックを分割するものであるのに対し、FC-FC ルーティングの提供するのは複数
のファブリックの結合である。これが LSAN (Logical Private SAN) である。

なぜ、複数のファブリックにあるデバイスをスイッチをカスケードすることで利用できな
いのかというと、ファブリックの結合には以下のような制限があるからである。

・ファブリック間で一致させなければならないパラメータ
  ファブリックパラメータ(各種 TOV など)
・ファブリック間でユニークでなければならないパラメータ
  ドメインナンバ
・ファブリック間で一貫性がなければならないパラメータ
  ゾーニング

LAN スイッチでも VLAN などを切っていれば似たような制限はいくらでもあるのだが、
SAN が難しいといわれている要因のひとつが上記である。

LAN との比喩で書くと、10.xx.yy.zz のサブネットと192.168.aa.bb のサブネットを L2
スイッチのカスケードで接続してもお互いのサーバ間では通信できないのと同じである。
LAN の場合、ルータを使ってサブネットを結合し、ルーティング情報を設定すれば、サブ
ネット間で通信が可能になる。このとき、各サブネット内がさらに細かいVLANにわかれて
いたとしても、互いのサブネット同士は気にしない。FC-FC ルーティングはまさにファイ
バチャネルでこれを行うためのものだ。

ということで、FC-FC ルーティングにより各ファブリックの細かな設定を気にせずにファ
ブリック結合が可能になるということである。

どんなときに使えるか
FCIP, iSCSI はやはり自明なので、FC-FC ルーティングについて書くと、ファブリックを
結合するようなときに使えるはずだ。例をあげると以下のものがある(勝手に夢想してい
るものもあるので注意)。

・いわゆる Information Lifecycle Management (もしくは DLM)
  データをメタデータにより管理し、コスト最適な(もしくは何かが最適になるような)
  ストレージに格納する。
  あっちの部署の空いた XServe RAID に SANRISE のデータのうち、1年以上アクセス
  していないものをいれちゃえ!って感じ。ま、HSM 的発想ですな。
・バックアップ統合じゃ
  バックアップ統合なんて昔から LAN でやっていたという貴兄にお勧め。LAN-free
  バックアップを使って統合使用もんなら、バックアップライセンスだけでもすごい
  金額です。そもそも統合するメリットは、テープライブラリ TCO の削減であったり
  バックアップ(つまりデータ管理ポリシ)の一元化であるはず。であれば、MPR でファ
  ブリックを結合し、テープライブラリ統合を行ったり、ディスクバックアップ環境
  への統合なんてグーですな。
・移行じゃ
  システム移行で旧システムと新システムのつなぎに使うのなどいかがでしょ。ま、
  バックアップと同じイメージです。
・テスト環境
  移行と同じ意味合いです。ただし、ブレードサーバや VMware などの論理パーティ
  ションを使う場合は以下のものもありかも。
・サーバ統合
  ストレージとファブリックはそのままでサーバを統合するケース。ブートディスク
  なんかも SAN に置くことで、サーバの置き換えが容易になります。ちなみに、OS
  のパッチ配布なんかも LAN 経由で行うのでなく、SAN ベースになっちゃうかも
  (*そんなに夢想でもないかも)
・インテリジェントファブリックサービスの実装
  Wide-Area {File Service,Block Migration} Service を実装。当然、アクセス
  は FC/IP など種々のものがあり、データ管理形態もファイル、ブロックといろいろ
  あるので、ルータでまず結合じゃ。
by takahiro_komiya | 2004-11-20 13:50 | ファイバチャネル