何でもありの備忘録
by takahiro_komiya
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
<   2005年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
WAFS
WAFS(Wide Area File Services) Vendor のリスト

Actona(現 Cisco) File Service を担う box をセンター、リモートに置き
(2box アプライアンス)、File Service を高速化
Tacit Networks 2box タイプのアプライアンス。Storage Cache over IP
という技術で高速化
Fine Ground センター側のみに box を置き File Service を高速化
Disksites 2box タイプのアプライアンス。ブロックレベルキャッ
シュにより高速化
Riverbedこれから研究
by takahiro_komiya | 2005-04-27 20:39 | ファイバチャネル
耳がなくなるエラ蔵
b0068870_14484981.jpg

b0068870_14513993.jpg

耳ありエランと耳なしエランなり。p900i でとっているのでちょっと画質悪し。
by takahiro_komiya | 2005-04-21 14:51 | わんこ
うひょひょ
b0068870_1446112.jpgかなり前のものですが、エランがまだ聞き分けのない頃の写真です。
左端で自分のしたことにぼーぜんとしているのがなかなかお茶目です。
by takahiro_komiya | 2005-04-21 14:48 | わんこ
fabStateShow コマンド
いや~、fabStateShow コマンドって便利です。ファブリックがどのように状態変化しているのか
追跡できるので、便利っす。

fabStateShow の表示は下記のとおりのフォーマットです。

<Time> <Event> <初期状態> <遷移後の状態> <ポート> <Exchange ID>

また、状態はそれぞれ<S, P>という二つの変数から構成されています。S はスイッチの状態、
Pはポートの状態をあらわします。

S は下記の状態を取り得ます:

 F0 : non-disruptive はファブリック再構成(いわゆる Build Fabric)
 F2 : EFP idle 状態
 D0 : setup(Principal スイッチセレクションの開始)
 D1 : send DIA(Domain ID Assigned) (Principal スイッチの決定)
 D2 : Idle(Principal スイッチは RDI(Request Domain ID)の受信を待っている
 A0 : Get Domain ID(non-Principal)
 A1 : send DIA(non-Principal)
 A2 : Idle(non-Principal)

# D は Principal スイッチの状態、A は non-Principal スイッチの状態を表す

正常状態では D2 もしくは A2 になっているはずです。

P は以下の状態を取り得ます:

 P0 : ポートオフラインもしくは初期状態
 P1 : ポートオンライン
 P2 : ELP accept の送信/受信
 P3 : Active port 状態の受信
 I0 : trunk time stamp の交換
 I1 : time stamp accept の受信と trunk parameter の送信
 I2 : trunk parameter accept の受信と I3 状態への遷移とリンクリセット
 I3 : port active state 待ち
 T0 : trunk time stamp の受信
 T1 : trunk parameter の受信
 T2 : trunk parameter accept の送信
 T3 : port active state 状態待ち

例えば、ISL が確立すると、以下のどちらかになります。

 ・スイッチは BF の後F0になる
 ・EFP(Exchange Fabric Paramenters) リクエストの後F2になる


fabStateShow ログのサンプル-1
07:38:55.230 *Initiate ELP NA,P0 F2,NA NA NA
07:40:07.666 SCN Switch Online F2,NA F2,NA NA NA
07:40:07.668 *Start 2 * F_S_TOV Timer F2,NA F2,NA NA NA
07:40:07.862 *Start 24 * F_S_TOV Timer F2,NA F2,NA NA NA

スイッチがオンラインになり、Principal Switch Selection TOV(BF flooding x 2)の設定
が行われている。24 x F_S_TOV タイマについてはFC仕様上の規定はないが、Domain ID
取得までの TOV である。

fabStateShow ログのサンプル-2
07:40:08.417 SCN LR_PORT (0) F2,P0 F2,P0 10 NA
07:40:08.537 debug - scn port online F2,P0 F2,P0 10 NA
07:40:08.537 SCN Port Online F2,P0 F2,P1 10 NA
07:40:08.542 *ELP Send F2,P1 F2,P1 10 0x1
07:40:08.612 SCN Port Offline F2,P1 F2,P0 10 NA

ポート10が P0 から P1 に状態遷移し、 Port offline 状態になったことをあらわす。


ま、こんな感じで、portLogDump と一緒に見るとファブリックの動きがよくわかります。
by takahiro_komiya | 2005-04-13 15:38 | ファイバチャネル