何でもありの備忘録
by takahiro_komiya
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
<   2006年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
今日、とっさに出なかった英単語
demarcation point   責任分界点
2つのサービスの接続において、責任区分をわけるポイントのこと

break-even point    損益分岐点
損失が0となる売上高のこと。これ以上売れば儲かる
by takahiro_komiya | 2006-03-31 19:02 | 何でもあり
ファームウェア
Brocadeの製品(SilkWorm)のファームウェアには下記の系統があります。

VxWorks Kernel 系
Fabric OS v2.x  1Gbps 製品向け
Fabric OS v3.x  2Gbps 製品(SW3200, SW3800)向け

Embedded Linux Kernel 系
Fabric OS v4.x 以降(FOS v5 なども含む)  FOSv3 対応機種以降の製品向け(MPRを除く)

BSD Kernel 系
XPath OS v7.x  Multiprotocol Router(DMM/ARM 向け AP7420 を含む)向け


現行製品のファームウェアは FOSv5.x, XPath OS v7.4.x です。
#最新は FOSv5.0.3a, FOSv5.1.0, XPath OSv7.4.1
by takahiro_komiya | 2006-03-30 09:16 | ファイバチャネル
相鉄線の歌, 相鉄線の歌 v2.0(Link)
人のページだけど。

相鉄線の歌

相鉄線の歌 ver2.0
by takahiro_komiya | 2006-03-28 14:54 | 何でもあり
スイッチのソフトウェアライセンス その2
ソフトウェアライセンスの考え方ですじゃ。

すべての FC スイッチ     スイッチの WWN
Fabric Manager       FM server ごとのライセンス(Serial, license key)
Tapestry DMM        DMM/SAS の動作する AP7420 ごと(WWN)
Tapestry WAFS       WAFS アプライアンスの eth1 の MAC address
Tapestry ARM        SAS の動作する AP7420 ごと(WWN)と、
Service Processor の MAC address
by takahiro_komiya | 2006-03-27 16:23 | ファイバチャネル
スイッチのソフトウェアライセンス
Brocade スイッチのソフトウェアライセンスは「スイッチの WWN にひもづいている」。つまり、故障交換などでハードウェアが変わってしまうと、いままでのライセンスコードは使用できなくなる。

このためサポートベンダはライセンスコード発行のための Transaction Key を保持している。

#なので、スイッチの故障時はサポートベンダーをコールしてくだせー


WWN を表示するコマンドは licenseIdShow コマンドです。この結果をサポートベンダーに送ってあげてくださいです。

-------------------
2006/6/10 update

特定のベンダーの方でしたら license transfer という仕組みが使用できます。
by takahiro_komiya | 2006-03-27 16:17 | ファイバチャネル
Windows XP on Intel Mac
やろうとは思わないが、成功したそうです
by takahiro_komiya | 2006-03-17 09:15 | その他 technology
SW48000 + FR4-18i での FC Routing 構成
MPR で FC Routing(FCR)を大規模構成するとき、私は Backbone Fabric を経由した、Edge-to-Edge Routing 構成を提案するのだが、SW48000 + FR4-18i の場合、ちょっとした注意が必要だ。

Edge Fabric1 --x MPR1 --- BB Fabric --- MPR2 x-- Edge Fabric2

上記で x じるしを付けたポートが設定上 Ex_Port になる。この構成の利点は、BBファブリック上でなんらかのイベントが発生しても、ここの Edge Fabric には問題がない点だ(MPR1, MPR2 を冗長化している前提)。

もしSW48k +FR4-18i だと、edge1 が backbone fabric になってしまう。

Edge1(SW48k + FR4-18i) x---- Edge2
^^^^^これが BB fabric になってしまう

最初の例に比べ欠点はないが、BBファブリックを中心としたスケーラビリティのストーリーが使えなくなってしまう。もちろん、コストは下がるので、こちらのほうがいいに決まっているのだが、作戦変更なのでお客様にはその旨を伝えなければならない。

BB fabric というのは例えでいうと MPLS 網の LER からキャリア側よりの部分を指す。ここにデバイスを挿すと、MPRの場合、FCRできず、デバイスが見えない。FOSv5.1 から backbone-to-edge routing ができるようになったので、backbone にデバイスを接続しても見えるようになった。


#複雑だ
by takahiro_komiya | 2006-03-13 19:23 | ファイバチャネル
Multi-Platform Trusted Copy
こりゃ面白い。MPTC はセキュリティにまつわるソフトウェアである。PCからUSBメモリなどへファイルをコピーするときに、ファイルをスキャンし、機密情報(画像や文章)などスキャンし、情報を削除したり、上から別の画像を貼って、見えなくするなどの処理を行うものだ。

日本語対応とかしたら売れるかも。
by takahiro_komiya | 2006-03-13 10:30 | その他 technology
SW7500/FR4-18i/SW4900/iSCSI Gateway
Brocade が新製品群を発表です。

SW7500 4Gbps インタフェースを持ち、FC Routing/FCIP を実装したボックス
FR4-18i 上記の SW48000 向けブレード
SW4900 ボックス型の64ポートスイッチ
iSCSI Gateway iSCSI/FC gateway の進化版

http://www.brocade.com/news/2006/3_6_director.jsp
http://www.brocade.com/news/2006/3_6_iscsi.jsp
http://www.brocade.com/news/2006/3_6_64port.jsp

SW7500/FR4-18i のポイントはなんと言ってもパフォーマンス。はえーぜ。あと、今までもっていなかった機能もちゃんと実装。

- Hardware compression
- Hardware encryption
- Protocol Acceleration
by takahiro_komiya | 2006-03-07 09:12 | ファイバチャネル
NuView 買収
Brocade が NuView を買収しました。NAS 統合の際のデータマイグレーションはこれでばっちり。

http://www.brocade.com/news/2006/3_6_nuview.jsp
by takahiro_komiya | 2006-03-07 09:09 | ファイバチャネル