何でもありの備忘録
by takahiro_komiya
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
LaOFeP 系超伝導物質発見
掲題の新発見がありました。MgB2以来のすごい発見ですね。

LnOMPn(Ln = ランタン系元素、M = 遷移金属、Pn = P, As, Sb)系化合物のヒューリスッティックな探索で発見するのはいいですが、そろそろ物質設計で予測できませんかねぇ。
by takahiro_komiya | 2008-02-19 23:40 | その他 science
fuser の Windows 版
XPについてくる openfiles.exe がそう。

openfiles /local on として reboot すれば使える。使用できるようになったら openfiles と打つだけでリストがでてくる。

微妙に sysinternals の filemon が使いやすい。

めもめも
by takahiro_komiya | 2008-02-19 10:54 | その他 technology
FCIA の FCoE ページ
FCIA が FCoE についてマイルストーンを発表しております。

いまさらですが、FCIA には FCoE に関する Q&A のページもあるのを発見。
by takahiro_komiya | 2008-02-13 09:55 | ファイバチャネル
FCoE の用語
自分のメモとして

a) FCM (FCoE Mapper): FCM はFCフレームを Ethernet フレームにカプセル化したり、デカプセル化する機能を提供するもの
b) ENode (FCoE Node): ENode は FC node として動作することができる Ethernet NIC のこと
c) FCF (FCoE Forwarder): FCF は FC スイッチとして動作することができる Ethernet スイッチのこと
by takahiro_komiya | 2008-02-06 18:28 | ファイバチャネル
超電導スイッチ by キーマンズ
こんな記事が出てました(記事を読むにはキーマンズネットへの登録が必要)。

NEDOの話から入っているので、「超電導」となっていますが、Superconductorは「超伝導」でしょう。

個人的には、SFQ といっても Phase Mode, QFP, RSFQ があるので、どういった実装なのか書いていてほしい。RSFQだと思うけど。

非同期回路の難しさについても言及してほしいなぁ。
by takahiro_komiya | 2008-02-06 13:15 | その他 technology
FCoE での Primitive sequence とログイン - 1
前々から FCoE での Primitive Sequence と Login は結局どうなるのかと思っていたが、つい先日、FCoE : Common Addressing Structure (t11/08-038v0) という資料が、各社の連名で出た。

MACアドレスのアサインに関しては、SPMA, FPMA の両方が提案されている。

SPMA : Server Provided MAC Address
FPMA : Fabric Provided MAC Address

でもって肝心のシーケンス(プロトコル)は FCoE Initialization Protocol (FIP) という名前で呼ばれている。このプロトコルは Discovery, Login を含むプロトコルになっている。さらに特徴的なのは、 FIP は独自の EtherType(Type=FIP)を持っているということ。

Discovery Phase
  ・EtherNode と FCF の間の discovery に関する機能を提供
Login Phase
  ・EthernodeとFCFの間の関係付け(アドレッシング)を行う。FPMA, SPMA はこの話
  ・FLOGI, LOGO などはこの phase で行われる

ここから先は以前に書いた FCoE プロトコルにより PLOGI/PRLI が行われ、FC protocol によるフレームが交換される。
by takahiro_komiya | 2008-02-06 12:43 | ファイバチャネル