何でもありの備忘録
by takahiro_komiya
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
<   2009年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧
Snow Leopard と Kernel モード
http://www.osnews.com/story/22009/Snow_Leopard_Seeds_Use_32bit_Kernel_Drivers_by_Default

によると、64bit カーネルを立ち上げるには boot 時に "6" と "4" のボタンを押していればよいそうである。32bit のときは "3" と "2"。

で、default 64bit なのは XServe だけだとのこと。

EFI のモード確認は下記のコマンドで可能


ioreg -l -p IODeviceTree | grep firmware-abi


下記のファイルのエントリを変える事で変更

/Library/Preferences/SystemConfiguration/com.apple.Boot.plist



Kernel Flags
arch=x86_64


Persistent に設定するには下記の通り
http://www.exblog.jp/myblog/entry/edit/?eid=b0068870&srl=11833009


sudo systemsetup -setkernelbootarchitecture x86_64 <-- 64bit の場合
sudo systemsetup -setkernelbootarchitecture i386 <-- 32bit の場合

by takahiro_komiya | 2009-08-30 21:40 | MacOS
OS のアップグレード
Snow Leopard のトラブルを見ていると、Leopard の時のトラブルを思い出す。このときもいろいろあったが、またしても繰り返してしまったのね。Apple もいい加減学習してほしいなぁ。それでも使うけど。

今回の件は特定のシリアルの DVD のメディアに問題があるようだ。B09 000124, B09 00125 という番号らしい(画像の四角の部分に書かれている)。みごとにヒットだし。
b0068870_1516314.jpg


その後
リブートしてみたら "Install OS X" というドライブが2つもできていた。
b0068870_8545813.jpg


デバイスエントリも2つ(raw/blockで計4つ)できていた。

/dev/disk0s3
/dev/disk0s4
/dev/rdisk0s3
/dev/rdisk0s4


OS X でスライスを削除するのはどうすればいいのだろうか?(Solaris 的には format だが)
小さくなったスライスを grow させるにはどうすればいいのだろうか?(そもそもこれをやるには bootstrap OS が必要だが)
小さくなったファイルシステムを大きくするにはどうしたらよいのだろうか?(HFS+ て extent できるのか?)

など疑問山積


さらにその後

Apple Support のディスカッションの板に書いたところ、DiskUtil のパーティションタブから削除可能という情報を得ました。このGUIからパーティションを削除し、パーティションのgrowingができました。ファイルシステムも自動的に増えた(元に戻った)模様。
by takahiro_komiya | 2009-08-29 14:56 | MacOS
Snow Leopard のインストール
今朝から MacBook Air にインストールを試みている。結論から言うと、まだできていない。インストールメディアが読めないというエラーとともに、インストールが終了してしまう。

インストール環境
- MacBook <-- DVD をマウントし、共有している
- MacBook Air <-- リモート共有し、アップデートをしている

共有経由のアップデートはもちろん可能であるとインストールメディア内のドキュメントにも書いてある。

なので、DVD を一度 HD にコピーしようと思い、tar でコピっているのだが、なんとエラーが多数でる!

現在まだとちゅうだが、下記のエラーが出ている。メディア不良か?


photino{kommy}9: sudo tar cf - . | ( cd /Volumes/disk1\ 1/SnowLeopard ; tar xfBp - )
Password:
tar: ./System/Installation/Packages/Apple_Gutenprint.pkg: Read error at byte 1837056, reading 10240 bytes: Input/output error
tar: ./System/Installation/Packages/Brother_ICA.pkg: Read error at byte 6144, reading 10240 bytes: Input/output error
tar: ./System/Installation/Packages/Brother_Utility.pkg: Read error at byte 16896, reading 10240 bytes: Input/output error
tar: ./System/Installation/Packages/Canon_ICAMPSeries07xx.pkg: Read error at byte 26624, reading 10240 bytes: Input/output error
tar: ./System/Installation/Packages/Canon_PDEs.pkg: Read error at byte 22528, reading 10240 bytes: Input/output error
tar: ./System/Installation/Packages/EPSON_DriverCommon009.pkg: Read error at byte 89600, reading 10240 bytes: Input/output error
tar: ./System/Installation/Packages/EPSON_DriverCommon033.pkg: Read error at byte 52736, reading 10240 bytes: Input/output error
tar: ./System/Installation/Packages/EPSON_DriverCommon042.pkg: Read error at byte 37376, reading 10240 bytes: Input/output error


似たようなケースに遭遇している人1

似たようなケースに遭遇している人2
by takahiro_komiya | 2009-08-29 09:31 | MacOS
Snow Leopard が来た
MacBook Air からアップグレード予定ですが、DVDROM ドライブがないので、MacBook から iDisk でアップグレードします。明日作業予定。
by takahiro_komiya | 2009-08-28 21:34 | MacOS
ftp, tftp などをのサービスを起動する
書いていたと思ったら、見つからなかったのでメモ

Mac OS X で ftp, tftp サービスを起動するには


service service_name start


あとはシステム設定の「セキュリティ」で、サービスを通すように設定してあげないとだめ。
by takahiro_komiya | 2009-08-28 17:38 | MacOS
TRILL = Virtual Chassis という発想(いまさらかもしれないが)
つい先日社内の IP 系 SE も含んだ会議があった。そこで TRILL の話がでたが、IP 系の人間の発想と storage 系の人間の発想の違いに改めて気がついた。

わたしは TRILL は Mac-in-Mac であり、IFR の FC encapsulation のような発想でいた。しかし、IP 系の人間の発想は Virtual Chassis であった。なるほど!確かにそうである。新鮮だ。

IFR の Brocade 版である FC Routing (ライセンスでは Integrated Routing) は、Backbone デバイスという考えがあり、MPLS の LSR にデバイスがつっくいているようなイメージの構成がとれる(それは LER だろうと思われるかもしれないが、違う)。だからあまり Virtual Chassis のようなイメージはなかった。
by takahiro_komiya | 2009-08-27 09:25 | Ethernet
Mac OS X で USB-シリアル を使用する
もう今から7年ほど前に購入した USB-シリアルデバイスがある(Justyとの記載あり)。メーカーは既になくなっているが、Windows を使用していた頃は、IO-Data のドライバで動いていた。Mac OS X でも IO-Data には古いドライバがあったのだが、Leopard では動作しない。

Mac OS X のシステムプロファイラを使用すると ATEN International というベンダー ID が見える。したがって、


/System/Library/Extensions/IODATAUSBRSAQ5.kext/Contents/Info.plist


に ATEN の vendor ID, Product ID を登録し、リブートした。

#結論から言うとこれでは駄目なので、上記はやらないで


OK だったのは、素直に ATEN のサイトから UC-232A という製品のドライバをダウンロードしてインストールすること。その後リブートし、デバイスを接続すると下記のデバイスエントリができている。


/dev/cu.UC-232AC


後は cu コマンドを使用すれば使用可能。Brocade スイッチは 9600bps, 8bit, non parity, no flow control なんで、


cu -s 9600 -l /dev/cu.UC-232AC


でスイッチに接続完了



ドライバのアンインストール
- sudo kextunload /System/Library/Extensions/XXXXXXXX.kext/
- sudo rm -r /System/Library/Extensions/XXXXXXXX.kext/
- 必要に応じて sudo rm -r /Library/Receipts/XXXXXXXX.pkg/
by takahiro_komiya | 2009-08-27 09:00 | MacOS
今更ながらに World Wide Name
今更ながらに質問されたので。

IEEE Standard (NAA=1) の場合は以下の意味になる(10:00:00:00:c9:22:fc:01の場合)

Section1/Section2/Section3
10:00/00:00:c9/22:fc:01

Section1 は標準フォーマットであることを意味する。4桁のうち1桁だけが使用され、後の3桁は0が入る
Section2 は OUI が入る
Section3 はベンダ固有のナンバ


IEEE Extended (NAA=2) の場合は以下の意味になる(20:00:00:00:c9:22:fc:01の場合)

Section1/Section2/Section3/Section4
2/0:00/00:00:c9/22:fc:01

Section 1 は拡張フォーマットの WWN であることを意味する
Section 2 はベンダ固有コード。通常はノードの特定ポートを同定するために使用される。もしくは拡張されたシリアルナンバを意味する
Section 3 はOUI が入る
Section 4 はベンダ固有のナンバ


IEEE Registered Name (NAA=5) の場合は以下の意味になる(50:06:04:81:D6:F3:45:42の場合)。
この Format 5 は、ベンダーがシリアルナンバのデータベースをメインテナンスする事なしに固有のナンバを作り出すことを可能にするためのものである。このフォーマットの目的は、ハードウェアベンダがシリアルナンバ、ぶつリポートナンバなどの情報を元に固有の WWN を生成できるために使われる。

Section1/Section2/Section3
5/0:06:04:8/1:D6:F3:45:42

Section 1 は Registered Name WWN である事を意味する
Section 2 はベンダ固有コード
Section 3 はベンダが固有の方法で生成したコード。通常はディスクサブシステムや仮想スイッチが生成
by takahiro_komiya | 2009-08-25 19:36 | ファイバチャネル
Snow Leopard キター
といってもまだアップグレード版の予約ですが。28日発売ということで、早速予約です。

社内には早速 Exchange 対応になった Mail.app を試した人間がおりましたが、うちの Exchange Server は 2007 SP1 で、要件になっている 2007 SP1 rolling update 4 になっていないため、対応できません。早くアップデートしてほしいものだ。

それ以外は full 64bit 対応というのが売りだが、メモリがたくさんあれば速いんでしょうね。
by takahiro_komiya | 2009-08-25 08:51 | MacOS
CrossOver Mac の起動でマウスのスピードが最低になってしまう その後 1
いろいろときり分けをしたところ、現在のところわかっているのは下記のこと。

  ・CrossOver + Office2007(Outlook/regedit/IE7) を起動している限り、マウスのスピードは変化しない
  ・上記に Thunderbird 2.0.0.23 を起動してみても変化しない
  ・ブラウザを Safari 4.0.3 で使用していてもマウススピードに変化はない


というわけで、MS Office for Mac 2008 か Firefox 3.5 が臭い。

################################
CrossOver+Outlook2007 を起動した状態で下記を実行

  ・Office for Mac 2008 powerpoint を起動しているが、マウススピードが最低になった。ということでFirefox 3.5 は無罪。

  ・Office for Mac 2008 Excel でも同様な事象発生。Office for Mac 全体的な問題か。

  ・Outlook から呼び出した「プレビュー」でも発生(メール添付のpdfを読むため)
by takahiro_komiya | 2009-08-24 09:08 | MacOS