何でもありの備忘録
by takahiro_komiya
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
<   2011年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
改めてファブリックとは
個人的には、もう1年ほどファブリックについて(FCも含めれば10年)話しているが、未だによく聞かれる。wikipedia を参照すると、スイッチを結合したネットワークである。

しかしこれだといまいちわからないので、下記で書いてみよう。

ファブリックとは英語で布地である。

b0068870_2235181.jpg


ということで、布地は縦糸横糸ともに実際の糸であり、切れていることはありえない。これは何を言いたいのかというと、ファブリックではECMPが使われているということを示している。

もちろん、これは一番基礎的な部分を例えて言っているのであって、一般的にはおそらく下記のような要件が必要である。

b0068870_22394235.jpg


これらの要件は Fibre Channel Fabric と Brocade の Ethernet Fabric を実現している VCS では実装されている。簡単に言ってしまえば、ECMPと分散ネットワークシステムのことである。

余談であるが、ブロケードってどういう会社なの?って聞かれることはないが、以下で説明しよう。

b0068870_22454137.jpg


ここにも書いたが、ブロケードは絹織物や錦の御旗という意味がある。つまり、織物の一つだ。もともとのブロケードのロゴは織物だ。名は体を表す。ちなみにこの頃のEducation資料用ロゴは "Fabric Weaver"、つまり「ファブリックを紡ぐもの」という意味であった。このころからFabricを地で行っていたわけだ。

それはともかく、Qfabric, FabricPath など多くのメーカーも参戦してくるのはいいことだ。

あとはC社の16GFC参入と人員拡充があることを期待。

#本当は Intel, Broadcom の参戦が必須
by Takahiro_Komiya | 2011-10-16 22:52 | Ethernet
FC-GS-7 Peer Zoning のステータス
ここで書いた Peer Zoning がひょっとしたら熱くなりそうな予感。

Zoning はこんな感じ。余談だが、Zoning は VLAN とは違う。VLAN は FC では Virtual Fabrics のほうが近い。

b0068870_1063246.jpg


Peer Zoning はというと、こんな感じ。

b0068870_1072445.jpg


違いの一つは、Peer Zoning が multi initiator zoning を現実的に実現する方法であることである。いままでも出来なかったかというと、もちろん FC 的には可能だ。だが、一部の Initiator にはこれに起因する問題があることも(といっても見ることはほとんど無い)事実。スイッチ側のメリットは単一のゾーンにすればスイッチのリソース消費を抑えられる(CAM使用量, RSCN 発生時のCPU使用率等)ということ。

次は、これが target driven であるということ。今までの zoning はもちろんスイッチからenforceされる(management server 経由で情報を知ったりすることは可能)。ここに FC switch 側の困難がある。だけど、面白いことができそうな予感。

しかし2012年はまだまだ厳しいか。
by Takahiro_Komiya | 2011-10-16 10:15 | ファイバチャネル
Solid State Storage の季節な予感
Fusion IO が出てきた頃から言われている Solid State Storage。これが有効であることは間違いないが、一部のとんがったユーザしか使われていないもの事実だ。この理由の背景は主に価格であるが、IOturbineのようなソリューションが少ないもの理由だ。上記以外にはないかというと、既にアメリカでは問題になっている internal SSS sprawl がある。2001 年にブロケードに入社したときにSANの利点(リソース管理、資産管理の集中化)をよく話していたものだが、まさに分散してしまった高価なストレージの管理(容量など)はDASの問題そのものだ(というかDASだけど)。

それ以外には、Disk スピンドルをベースとした RAID に NAND ベースのドライブを入れても、キャッシュ・ディスク間同期のタイミング問題など困難な問題が (RAID側に)あり、性能が充分ではなかった。

いま、いろいろなメーカーから Network-based Solid State Storage が購入できる時代になった。

Kaminario

Texas Memory Systems

Pure Storage

Kove


しかし、Texas Memory Systems を除けば、スタートアップ企業であることは否めない。

2012年にはここに変化が起こるかもしれない。楽しみだ。
by Takahiro_Komiya | 2011-10-16 09:55 | その他 technology
OpenFlowの正しい期待値 その1
今日は時間がないけど旬なので、ひとつだけ。

OpenFlow にかぎらずITへの期待値は、それがちゃんと業務につながっているかだ。最近身近でよくある話だが、「弊社せいひんなら高速で安いDWHをつくれますよ」といわれても、「じゃ、BIは?」となるわけだ。

OpenFlow も「フロープログラムできますよ」ではなくて「運用が楽になります」とか「新しいネットワークサービスが提供できます」が正しい期待値だ。

ということで、ひとつのユースケースがこれだ。データセンターオーケストレーションはひとつの有力な OpenFlow アプリケーションのひとつだ。
by Takahiro_Komiya | 2011-10-14 09:47 | IP networking
オリンパス PEN Lite のAFは犬を認識しない
犬撮影に LUMIX と PEN Lite を使用しているが、どうにも PEN Lite の AF に困っている。うちの犬はボーダーコリーという犬種の、これまた典型的な白黒色だ。こいつの写真を取ろうとしても、どうにもフォーカスが合わない。こんな感じになってしまう。

b0068870_2033347.jpg


b0068870_2051937.jpg


草にフォーカスを合わせないでくれよ。

どうしたらいいだろうか。


あと困るのは、レリーズを押してからシャッターが切れるまでの時間が案外長いこと。動く動物は厳しいなぁ。
by Takahiro_Komiya | 2011-10-10 20:08 | その他趣味系
岸辺露伴、GUCCIへいく
画像データでblogに上げていなかったものをお蔵出し。まずはファッション雑誌 SPUR の「岸辺露伴、GUCCIへ行く」。

荒木飛呂彦やるなぁ。


b0068870_1952016.jpg

by Takahiro_Komiya | 2011-10-10 19:52 | その他趣味系
アインシュタインと Fabric
ニュートリノが光よりも速く走るか?といわれる今日この頃だが、個人的には「光速度不変の原理」を変えなければならないという要請はちょっとないなとも感じている。

それはともかく、アインシュタインのことばにこんなのがある。

Everything should be made as simple as possible, but no simpler.

直訳すると、すべてのものはできるだけ簡単であるべきで、「(なにかよりも)より簡単である」ではいけないということだ。

この点 Fabric は FC/Ethernet ともに簡単だ。Domain/Rbridge ID を設定するだけで、あとは結合するだけでいい。分散アーキテクチャだけど、論理的にひとつ。

アーキテクチャは真っ向から異なるけど、シンプルさを求めた仕組みの一つが OpenFlow。

b0068870_1716820.jpg


これらは発想が異なるので、どちらか一つがあればいいってもんではなく、両方必要というのが従来からの見解。
by Takahiro_Komiya | 2011-10-07 17:17 | Ethernet
Apple の歴史
私のApple史


Apple IIe : みただけ。Floppy でかかったなぁ
Apple IIc : とっても欲しかった。でも当時中学生だったので、秋葉原でみるだけ。チョップリフターとロードランナーが面白かった
Apple IIGS : えらくでかかったのが印象的。すでに PC-8801mkIISRを持っていたので興味はなかった。


Macintosh Plus(or Dyna Mac) : めちゃめちゃ欲しかったが、100万のPCなどどうにもできず
Macintosh SE/30 : 大学生になった時に無理を言って買ってもらった。当時のPC98の2台分以上というものであったが、これが最高だったと思う。フロッグデザインは素晴らしい。今でも持っている
PowerBook140 : 譲ってもらったがすぐに壊れたことしか覚えていない
PowerBook170 : TFT 液晶マシンでよかったが、いまいち記憶に残っていない


Mac Mini(PPC model) : 業務で Apple と付き合っていた頃、Partner Event の抽選会で見事当選。しばらく Sun のマシンしか使っていなかったので、ここからMacOSに復帰
MacBook (2006年購入)
MacBook Air

その他
Image Writer II
Laser Writer II
Style Writer
iPod (20GB)
iPod mini
iPod Nano
iPod Nano(2nd gen)
iPod Nano(3rd gen)
iPod Touch
iPad WiFi
iPad 3G
iPhone 3GS(会社支給品)

PowerMac G4 : 私のではないが、かっこいい
PowerMac G5 : これまた私のではないが、かっこいい
by Takahiro_Komiya | 2011-10-07 09:28 | MacOS
NTTデータさんの OpenFlow を活用したクラウド環境構築の検証実験
こんなリリースがでた。

記事にもあるが、コントローラは「NTTデータで開発中のOpenFlowコントローラー」を使用。われわれもここから製品化までを頑張らなければ。
by Takahiro_Komiya | 2011-10-03 15:49 | IP networking