何でもありの備忘録
by takahiro_komiya
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
<   2012年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧
OpenFlow デモ環境
人任せにしておりすみませんでした。ようやく自分でデモれるようになりました。

ありがとうございました>@yukihirokikuchi


brocade@of01:~$ ovs-ofctl show tcp:HOGE
OFPT_FEATURES_REPLY (xid=0x1): ver:0x1, dpid:00DPIDdayon
n_tables:5, n_buffers:256
features: capabilities:0x7, actions:0x807
1(e1/1): addr:74:8e:f8:xx:xx:xx
config: 0
state: 0
current: 1GB-FD COPPER

途中省略

4(e1/4): addr:74:8e:f8:xx:xx:xx
config: 0
state: LINK_DOWN
current: 1GB-FD COPPER AUTO_NEG

以下省略


#ovs-ofctl 使っているのはご愛嬌
by Takahiro_Komiya | 2012-06-28 17:16 | IP networking
NVO3 usercase
でました
by Takahiro_Komiya | 2012-06-23 22:51 | IP networking
Kamelot New Vocal Tommy Karevik
http://www.kamelot.com/site/tommy/

動画を見ると案外いいかも。なんにしても、早く日本にきて欲しい。
by Takahiro_Komiya | 2012-06-23 07:49 | 洋楽
Project Hermes from DELL
RNA Networks の買収ネタはここで書いたが、そのテクノロジーを Flash cache のテクノロジーとして出してくるとはびっくり。

Project Hermes だそうで
by Takahiro_Komiya | 2012-06-22 16:58 | その他 technology
OoODE
この発表を見たときはどんなもんかと思っていたが、来ますかね、Out-of-Order Database Engine!

関連記事
by Takahiro_Komiya | 2012-06-21 18:51 | その他 technology
netmap
汎用を狙っているが難しい。あとで論文を読んでおこう。

http://info.iet.unipi.it/~luigi/netmap/

http://Finfo.iet.unipi.it/~luigi/papers/20120310-atc.pdf
by Takahiro_Komiya | 2012-06-21 10:07 | IP networking
OpenFlow Hybrid port mode
5月下旬に SDN 戦略を発表して以来、OpenFlow の話が熱くなっている。そこで話をした既存のネットワークからのマイグレーションのための hybrid port mode について、Keith が説明している内容が blog に出ている

ちなみに、hybrid mode というのは二つの意味がある。一つはスイッチの中でL2/3 トラフィックと OpenFlow のトラフィックをポートを分けて混在できるという意味。もう一つは、一つのポートで両方のトラフィックを混在させるという意味。NetIron software v5.4 では前者を、その後のリリースで後者をサポートする。動作はこんな感じ。

・Protected hybrid port mode uses OpenFlow FIB for certain VLANs or packets matching a packet filter (ACL). This mode allows you to run OpenFlow in parallel (ships-in-the-night) with the traditional forwarding over the same port – a major win if you’re not willing to spend money for two 100GE ports (one for OpenFlow traffic, another for regular traffic).


・Unprotected hybrid port mode performs a lookup in OpenFlow FIB first and uses the traditional FIB as a fallback mechanism (in case there’s no match in the OpenFlow table). This mode can be used to augment the traditional forwarding mechanisms (example: OpenFlow-controlled PBR) or create value-added services on top of (not in parallel with) the traditional network.



Protected のイメージは OpenFlow をテストで導入したい(既存のL2/3トラフィックを流しつつ)が、OpenFlow でどんなことをしたとしても、既存のL2/3トラフィックには影響を与えないというもの。それに対して、Unprotected は 完全に OpenFlow が前提のモード。
by Takahiro_Komiya | 2012-06-19 17:00 | IP networking
Software-Defined Network の行く先
常々ここでは書いているが、SDN の行く先は Software-Defined Datacenter なので、Network Overlay の意味は Enterprise Service Bus のイメージに近くなる。RPC(もしくは XML RPC) ベースだとやっぱり難しいので、このあたりに標準的なものが現れると便利。ここが本当の注目点。

CRS-1000V や Midostack のコンポーネントは、ネットワークコンポーネントでしかないので、間を埋めるレイヤが必須。

#これが現れれば、本当の意味で IT は建築業と近くなる
by Takahiro_Komiya | 2012-06-17 10:22 | その他 technology
Cisco CRS-1000V
Cisco Live を聞いていないので詳細がわからないが、CRS-1000V がアナウンスされた。位置づけが非常にきになる。ASRだったらともかく、CRS というのは??Midostack タイプの製品コンセプトのCisco版?のわけないか。

相変わらずいろいろなことをやってくれる。
by Takahiro_Komiya | 2012-06-16 17:11 | IP networking
Ethernet Fabric from IBM
IBM Intelligent Cluster に Brocade VDX シリーズも入った。

http://www-01.ibm.com/common/ssi/cgi-bin/ssialias?infotype=AN&subtype=CA&htmlfid=897/ENUS112-113&appname=USN

これで、Ethernet Fabric をリリースしたのは、Fujitsu, Hitachi, IBM, NetApp となった。EMC も VSPEX で VDX をサポートしているし、ずいぶん広がってきたというのが実感。
by Takahiro_Komiya | 2012-06-06 08:43 | Ethernet