何でもありの備忘録
by takahiro_komiya
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
<   2012年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧
SDN による論理ネットワークの構成 midokura の場合
これはいいね

最近はやりの Software Defined Datacenter への流れがよくわかる。

個人的には AppLogic から入ると流れがわかりやすいと思われ。MidokuraさんやStratosphereさんはどうしてもNetworkから入っているように見えてしまう。

AppLogicのいっている "Virtualized Business Services" という発想が好きだ。AppLogicに足りていないのは、ここで構成された VBS を自動的に Tivoli Business Systems Manager(たとえが古くて申し訳ない) のビューっぽくにトランスレートしてくれる機能だ。

Tivoli Business Systems Managerの Redbook。

ここまで自動的にやってもらえると BSS 側はありがたい。それこそ完璧な SDDC だ。

だれか作らないかな?

#というかAppLogicの進化が早いか、VMware が作るかって感じか
by Takahiro_Komiya | 2012-08-30 19:45 | その他 technology
AlgoLogic とな
Maxeler Technologies に似た会社か?

極端だなぁ(笑)


http://www.algo-logic.com/
by Takahiro_Komiya | 2012-08-28 11:07 | その他 technology
VCS での pathinfo/l2traceroute
なんか、書いた気でいたけど、書いてなかったらしい。

pathinfo は end-to-end の path を表示するコマンド。reverse path も見てくれる。l2traceroute では IP アドレスや TCP/UDP port にバリエーションをつけることで、どのパスを通るのかわかるが、FCoEでは OxID もハッシュに使用するため、すべてのパスを使用ことになり、l2traceroute では都合が悪い。こういったときに pathinfo を使用する。

l2traceroute はこんな感じ。


switch# l2traceroute
Source mac address : 0050.564f.549f
Destination mac address : 0005.1ea0.8dd8
Vlan [1-3583] : 1
Edge rbridge-id [1-239] : 1
Extended commands [Y/N]? : Y
Protocol Type [IP/FCoE] : IP
Source IP address : 192.85.1.2
Destination IP address : 192.0.2.2
IP Protocol Type [TCP/UDP/0-255] : TCP
Source port number [0-65535] : 58
Dest port number [0-65535] : 67


switch# l2traceroute
Source mac address : 0000.0000.1111
Destination mac address : 0000.0000.2222
Vlan [1-3583] : 1
Edge rbridge-id [1-239] : 50
Extended commands [Y/N]? : n
Rbridge Ingress Egress Rtt(usec)
------------------------------------------------------------------------------
50 Te 50/0/15 Te 50/0/38(isl) 0
40 Te 40/0/38(isl) Te 40/0/2(isl) 60322
10 Te 10/0/2(isl) Te 10/0/4(isl) 1274
20 Te 20/0/4(isl) Te 20/0/10(isl) 1119
30 Te 30/0/10(isl) Te 30/0/19 1787


pathinfo はこんな感じ


VDX1:root> pathinfo

Max hops: (1..127) [25]
Fabric Id: (1..128) [-1]
Domain|Wwn|Name: [] 6
Source port: (0..64) [-1]
Destination port: (0..383) [-1]
Basic stats (yes, y, no, n): [no]
Extended stats (yes, y, no, n): [no]
Trace reverse path (yes, y, no, n): [no] yes
Source route (yes, y, no, n): [no]
Timeout: (1000..30000) [10000]


Target port is Embedded

Hop In Port Domain ID (Name) Out Port BW Cost
-----------------------------------------------------------------------------
0 E 1 (VDX1) 7 40G 500
1 7 4 (VDX4) 56 8G 500
2 28 120 (fcr_fd_120) 55 0G 10000
3 119 6 (fcr_xd_6_55) E - -
VDX1:root>


VDX1:root> pathinfo

Max hops: (1..127) [25]
Fabric Id: (1..128) [-1]
Domain|Wwn|Name: [] 4
Source port: (0..64) [-1]
Destination port: (0..383) [-1]
Basic stats (yes, y, no, n): [no] yes
Extended stats (yes, y, no, n): [no] yes
Trace reverse path (yes, y, no, n): [no] yes
Source route (yes, y, no, n): [no]
Timeout: (1000..30000) [10000]


Target port is Embedded

Hop In Port Domain ID (Name) Out Port BW Cost
-----------------------------------------------------------------------------
0 E 1 (VDX1) 5 40G 500

Port E 5
Tx Rx Tx Rx
-----------------------------------------------
B/s (1s) - - 0 0
B/s (64s) - - 0 0
Txcrdz (1s) - - 0 -
Txcrdz (64s) - - 0 -
F/s (1s) - - 0 0
F/s (64s) - - 0 0
Words - - 0 0
Frames - - 0 0
Errors - - - 0


Hop In Port Domain ID (Name) Out Port BW Cost
-----------------------------------------------------------------------------
1 5 4 (VDX4) E - -

Port 5 E
Tx Rx Tx Rx
-----------------------------------------------
B/s (1s) 0 0 - -
B/s (64s) 0 0 - -
Txcrdz (1s) 0 - - -
Txcrdz (64s) 0 - - -
F/s (1s) 0 0 - -
F/s (64s) 0 0 - -
Words 0 0 - -
Frames 0 0 - -
Errors - 0 - -



Reverse path

Hop In Port Domain ID (Name) Out Port BW Cost
-----------------------------------------------------------------------------
2 E 4 (VDX4) 5 40G 500

Port E 5
Tx Rx Tx Rx
-----------------------------------------------
B/s (1s) - - 0 0
B/s (64s) - - 0 0
Txcrdz (1s) - - 0 -
Txcrdz (64s) - - 0 -
F/s (1s) - - 0 0
F/s (64s) - - 0 0
Words - - 0 0
Frames - - 0 0
Errors - - - 0


Hop In Port Domain ID (Name) Out Port BW Cost
-----------------------------------------------------------------------------
3 5 1 (VDX1) E - -

Port 5 E
Tx Rx Tx Rx
-----------------------------------------------
B/s (1s) 0 0 - -
B/s (64s) 0 0 - -
Txcrdz (1s) 0 - - -
Txcrdz (64s) 0 - - -
F/s (1s) 0 0 - -
F/s (64s) 0 0 - -
Words 0 0 - -
Frames 0 0 - -
Errors - 0 - -



VDX1:root>
VDX1:root> pathinfo

Max hops: (1..127) [25]
Fabric Id: (1..128) [-1]
Domain|Wwn|Name: [] 6
Source port: (0..64) [-1]
Destination port: (0..383) [-1]
Basic stats (yes, y, no, n): [no] yes
Extended stats (yes, y, no, n): [no] yes
Trace reverse path (yes, y, no, n): [no] yes
Source route (yes, y, no, n): [no]
Timeout: (1000..30000) [10000]


Target port is Embedded

Hop In Port Domain ID (Name) Out Port BW Cost
-----------------------------------------------------------------------------
0 E 1 (VDX1) 5 40G 500

Port E 5
Tx Rx Tx Rx
-----------------------------------------------
B/s (1s) - - 0 0
B/s (64s) - - 0 0
Txcrdz (1s) - - 0 -
Txcrdz (64s) - - 0 -
F/s (1s) - - 0 0
F/s (64s) - - 0 0
Words - - 0 0
Frames - - 0 0
Errors - - - 0


Hop In Port Domain ID (Name) Out Port BW Cost
-----------------------------------------------------------------------------
1 5 4 (VDX4) 56 8G 500

Port 5 56
Tx Rx Tx Rx
-----------------------------------------------
B/s (1s) 0 0 0 0
B/s (64s) 0 0 7 7
Txcrdz (1s) 0 - 0 -
Txcrdz (64s) 0 - 0 -
F/s (1s) 0 0 0 0
F/s (64s) 0 0 0 0
Words 0 0 16776844182 8237861030854
Frames 0 0 986945473 16770450331
Errors - 0 - 5


Hop In Port Domain ID (Name) Out Port BW Cost
-----------------------------------------------------------------------------
2 28 120 (fcr_fd_120) 55 0G 10000

Port 28 55
Tx Rx Tx Rx
-----------------------------------------------
Words - - - -
Frames - - - -
Errors - - - -


Hop In Port Domain ID (Name) Out Port BW Cost
-----------------------------------------------------------------------------
3 119 6 (fcr_xd_6_55) E - -
VDX1:root>




このときの lsdbshow。


VDX1:root> lsdbshow

Domain = 1 (self), Link State Database Entry pointer = 0x10100470
lsrP = 0x101040c0
earlyAccLSRs = 0
ignoredLSRs = 0
lastIgnored = Never
installTime = Jun 05 00:01:13.087
lseFlags = 0xa
uOutIfsP[0] = 0x00000000
uOutIfsP[1] = 0x00000000
uPathCost = 0
uOldHopCount = 0
uHopsFromRoot = 0
mOutIfsP[0] = 0x00000080
mOutIfsP[1] = 0x00000000
parent = 0xf0
mPathCost = 0
mHopsFromRoot = 0

Link State Record:
Link State Record pointer = 0x101040c0
lsAge = 51
reserved = 0
type = 1
options = 0x1000000
lsId = 1
advertiser = 1
incarn = 0x800001a5
length = 60
chksum = 0xe998
linkCnt = 1, flags = 0x0
LinkId = 4, out port = 7, rem port = 7, cost = 500, costCnt = 0, type = 4 (out port: interface = x/0/7 dispType = 1 trunked = 1)


Domain = 2, Link State Database Entry pointer = 0x10103d10
lsrP = 0x10100918
earlyAccLSRs = 0
ignoredLSRs = 0
lastIgnored = Never
installTime = Jun 05 00:01:28.320
lseFlags = 0xa
uOutIfsP[0] = 0x00000080
uOutIfsP[1] = 0x00000000
uPathCost = 1000
uOldHopCount = 2
uHopsFromRoot = 2
mOutIfsP[0] = 0x00000000
mOutIfsP[1] = 0x00000000
parent = 0x4
mPathCost = 1000
mHopsFromRoot = 2

Link State Record:
Link State Record pointer = 0x10100918
lsAge = 62
reserved = 0
type = 1
options = 0x1000000
lsId = 2
advertiser = 2
incarn = 0x800012f0
length = 92
chksum = 0x47a0
linkCnt = 2, flags = 0x0
LinkId = 4, out port = 6, rem port = 14, cost = 500, costCnt = 0, type = 4 (out port: interface = x/0/6 dispType = 1 trunked = 1)
LinkId = 10, out port = 7, rem port = 2, cost = 500, costCnt = 0, type = 4 (out port: interface = x/0/7 dispType = 1 trunked = 1)



Domain = 3, Link State Database Entry pointer = 0x10103dc8
lsrP = 0x10103a38
earlyAccLSRs = 0
ignoredLSRs = 0
lastIgnored = Never
installTime = Jun 05 00:01:24.526
lseFlags = 0xa
uOutIfsP[0] = 0x00000080
uOutIfsP[1] = 0x00000000
uPathCost = 1000
uOldHopCount = 2
uHopsFromRoot = 2
mOutIfsP[0] = 0x00000000
mOutIfsP[1] = 0x00000000
parent = 0x4
mPathCost = 1000
mHopsFromRoot = 2

Link State Record:
Link State Record pointer = 0x10103a38
lsAge = 92
reserved = 0
type = 1
options = 0x1000000
lsId = 3
advertiser = 3
incarn = 0x800012e3
length = 92
chksum = 0xf4fd
linkCnt = 2, flags = 0x0
LinkId = 4, out port = 5, rem port = 15, cost = 500, costCnt = 0, type = 4 (out port: interface = x/0/5 dispType = 1 trunked = 1)
LinkId = 10, out port = 7, rem port = 3, cost = 500, costCnt = 0, type = 4 (out port: interface = x/0/7 dispType = 1 trunked = 1)





NOS 上のコマンドだとこう見える。


VDX1# show fabric route topology

Total Path Count: 6

Src Dst Out Out Nbr Nbr
RB-ID RB-ID Index Interface Hops Cost Index Interface BW Trunk
-----------------------------------------------------------------------------------
1 2 5 Te 1/0/5 2 1000 5 Te 4/0/5 40G Yes
3 5 Te 1/0/5 2 1000 5 Te 4/0/5 40G Yes
4 5 Te 1/0/5 1 500 5 Te 4/0/5 40G Yes
6 5 Te 1/0/5 3 11000 5 Te 4/0/5 40G Yes
10 5 Te 1/0/5 3 1500 5 Te 4/0/5 40G Yes
120 5 Te 1/0/5 2 1000 5 Te 4/0/5 40G Yes
VDX1#


by Takahiro_Komiya | 2012-08-28 10:02 | Ethernet
ADX による VxLAN gateway 機能
今年の VMworld は結構いろいろな発表があって楽しいのだが、関係するものとしてはこんなのがある。

VxLAN タグで入ってくるトラフィックをADXのマルチテナントインスタンスで受けるという機能だ。このときに VxLAN を外したり、つけたりする機能が必要になるが、これを ADX でハード的にやってしまおうというのが今回のデモだ。

b0068870_942762.jpg



multi-tenancy と VxLAN GW の二つの機能があるところがポイント。
by Takahiro_Komiya | 2012-08-28 09:43 | IP networking
ドラゴンクエストXの話
これは参考になる。
by Takahiro_Komiya | 2012-08-28 09:35 | その他 technology
Windows cygwin でのデバイス指定
忘れないようにメモ。


dd if=\\\\.\\c: of=hoge.iso


って感じ。ほんと、Windows ってわかりにくいな。
by Takahiro_Komiya | 2012-08-24 14:01 | その他 technology
Brocade 1860 HBA mode for PowerPC
Brocade 1860 Fabric アダプタは、10GbE NIC, 16G FCHBA と 10G FCoE CNA のできるアダプタとして結構好評だ。サポートしているOSも (Commercial distribution)Linux や VMware/Windows 等のIAプラットフォームや SPARC Solaris をサポートしている。

Driver v3.1.0.0 が6月末にでているが、じつはひっそりと PowerPC モードの HBA ドライバが入っていたりして(ただし Tech Preview という位置づけ)。

#わかる人にはわかる、なに向けなのか
by Takahiro_Komiya | 2012-08-22 16:47 | ファイバチャネル
Windows7 で困っていること(個人ではサポートチケットきれないので、blogに書いておこう)
会社のPCが XP から Windows7 になって、いくつか困ったことが起こっているのだが、どうしたらよいであろうか。


1. Explorer 上でフォルダ作成や削除、ファイル生成や削除をしても最新状態が反映されない(F5キーを押せば大丈夫)
    -私のPCでは確実に再現する。うちの他のユーザーでは起こっていないようだ。しかし、ネット上では有名な問題らしい。一応レジストリをいじって、一時的に解消。ネットにもでているが、あくまで一時的な効果しかないらしい


2. Save As のダイアログでフォルダの最新状態が反映されない
    -これは再現性がそれほど高くない。感覚として Excel の時が多いかも。Explorerの場合、F5を押せば最新状態が反映されるが、こちらの場合、それが通用しない(通常状態ではF5は有効であるのだが)。新規フォルダを作成したとき、「新規フォルダ」がダイアログに表示されないから、その中に保存しようとしても保存できない。一体どうすりゃいいんだ?現実的にはカレントフォルダに保存し、Explorerで移動することで対応。XPのときには起きていない。


3. Explorer で Powerpoint ファイルをプレビューすると、Powerpoint が落ちる
    -これは100%ではないが、結構高確率で発生。現象はわかっている(下記の通り)。したがって、プレビューペインを開いたままでpowerpointファイルをいじらない(意識的に徹底するのは難しい)ことで対応。

再現手順
  ・パワーポイントを起動する
  ・Explorer でプレビューペインを開いている状態でパワーポイントファイルを複数選択する(選択しただけで落ちなかった場合、F5キーを押す)
  ・開いているパワーポイントアプリケーションが異常終了する



Windows7 については会社のWin7イメージ+SystemCenterで配布されたパッチ群が適用されている状態。Officeは2010を使用中。



#2012/8/22 18時現在
早くもレジストリ変更の効果が消えた。レジストリを確認しても設定したKey、DWORDともそのまま。なんだよこれ。
by Takahiro_Komiya | 2012-08-22 12:59 | その他 technology
SDN 関連記事についてつれづれと
最近、SDN 関係の記事が多いが、その中でも特に気にかける必要がある記事はこれだ。また、この記事で下記のように書かれている。

引用
Intel が、この領域に参入してくるということは、SDN や OpenFlow のコモディティ化を狙ってのことであり、これまで Cisco や Juniper の聖域とされたきた高速スイッチが、より多くのソフトウェア・ベンダーや OSS などに開放されるということです。


もちろん同意。でも、これについては実はどんなメーカーでも同じ方向だ。CiscoもNexus3000、JuniperのQFX3500もBroadcomだ。ブロケードのNetIronシリーズもBroadcomを使用している。いままでだってそういったシリコンを買ってきて作ればよかったのだから何も変わっていない。Intel は Fulcrum を買収して Ethernet switch ASIC を手に入れたが、それは Broadcom/Marvell と並んだということであって、さして重要なことではない。市販品のASICでコストが下がっているのであれば、既に下がっている。確かに主要なスイッチ、ルータメーカーは自身のASICを差別化要素として持っているが、同じことが市販チップでできるのであれば、それを選ぶだけだ。


私が考えているSDN実現の本当のポイントは Xeon Phi のようなマルチコアプロセッサだ(Xeon Phiが本命だとは思っていない)。この記事にあるように、サーバ仮想化プラットフォーム(正確には Software-Defined Datacenter 製品)からテナントネットワーク・システムを構成することがSDNの最終的な目的だとすると、L3/SLB/FW/IPS/vswitch などは仮想アプライアンスでいいだろう(極論だけど)。現状ではメモリとIOHとNICの間が遠いから、個々の点は将来のチップに期待。

いいたいことは、ネットワークサービスを支える「インテリジェンス」は、それが高速に安く動作するプラットフォームがあればそこに載せるだけだということ。そして、それを物理的に高スループットで転送するインフラは無くならないということ。

ファブリックはここにフォーカスしている。同じスループットのL2を出来るだけシンプルに構成するための技術だ。今のところ、FC/FCoEなどを含めたデータセンタ・ファブリックを構成する汎用シリコンが無いというだけで、もし出てくれば、選択肢にははいるだろう。(Broadcom/Mellanox/Intelはこの点においてちょっと残念)


冒頭の記事に戻るが、「物理スイッチ対仮想スイッチの戦い」というセンセーショナルなセクションがある。こここそ全ての人がごっちゃに考えている部分だと思われる。

一部引用
Open vSwitchのような仮想スイッチやVyattaのようなソフトウェアルータが登場したことにより、x86サーバ上にソフトウェアをインストールすることによって、物理的なネットワーク機器を導入しなくとも、スイッチやルータの機能を利用することができるようになってきました。


b0068870_17511965.jpg


上記に書いた通り、これは Yes であり、No でもある。「物理的ネットワークを導入しなくても」という前提は、全てが巨大なモノリシックなサーバに同居する場合のみだ。全てのネットワークインテリジェンス、ワークロード(そしてブロックストレージ)が仮想されたとしても、実際には必ず分散システムになる。その際につなぐ物理ネットワークが必ず必要だ。このネットワークこそ「ファブリック」だ。仮想アプライアンス、仮想化されたワークロードをつなぐ仮想的なバックプレーンだ。

究極系でのIntelと今のCiscoなどはバッティングするはずだが、そこらへんはどう考えているのか聞きたい。

この時に仮想アプライアンスやヘテロベンダ環境の制御にオープンなAPIを使う。それこそブロケードのSDNのビジョンだ。実はこのあたりはIntelとも同じ発想と思われるが、我々にはプロセッサはないので、仮想アプライアンスベンダとして強調して欲しいものである(なむなむ)。


昔からARISTAはネットワークインテリジェンスの実装という面にフォーカスして開発しているのでわかりやすい。Pica8はここをコントローラにゆだねているという点もわかりやすい。汎用シリコン低価格化の2つの流れではある。
by Takahiro_Komiya | 2012-08-13 17:59 | Ethernet
NVO3 problem statement
掲題のドキュメントがある。全部で7つの問題がアドレスされている。

1. Need For Dynamic Provisioning
これは流行りの Software-Defined-Network のことを意味している。動的にソフトウェアから仮想ネットワークインスタンスの生成、破棄などを行うための仕組み(主にAPI)などを言っている。

2. Virtual Machine Mobility Limitations
クラウド環境では、ファブリックでいうところの Automatic Migration of Port Profile もしくは VM-aware Network Automation 機能が必要になるということで。

3. Need to Decouple Logical and Physical Configuration
これがOverlayのキモでもあるが、論理ネットワークと物理ネットワークの「構成」の分離をしないとダメよということをいっている。

4. Need For Address Separation Between Tenants
MAC/IPなどのネットワークの分離をしましょうということである。

5. Need For Address Separation Between Tenant and Infrastructure
テナントと基盤のアドレス分離を言っている。

6. IEEE 802.1 VLAN Limitations
これはVLANのスケーラビリティ限界のことを言っている。


とまぁ、ここまではおおまかに言ってプロトコルなので、決め事の話になる。


7. Inadequate Forwarding Table Sizes in Switches
最後の問題は、クラウド環境ではフォワーディングテーブルが大きくなってしまうという話。わからなくはないが、Ethernet に立脚している以上、これの解消はなかなか難しい。単に物量で解決するのはコスト的に難がある。どうするんでしょうね(笑)。

#Fabric 出ない場合はあまり問題ではない

Fabricであっても、Overlay transparent であれば関係は薄いですが。
by Takahiro_Komiya | 2012-08-13 17:37 | Ethernet