何でもありの備忘録
by takahiro_komiya
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
<   2012年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
Cisco の OpenStack ディストリビューション
ここにもでているが、Open Source ものとの連携では常にサポートが問題になる(一部の力のある企業は別)ため、独自の Distribution を構成し、サポート性を高めたいのはメーカーとしては至極当然の思い。ただ、このアプローチはCiscoしかできない。力のある企業はスゲーという典型。

そもそも Northbound API というのは何かというと、ビジネスロジックへの結合だ。SDNに絡んだモデルで考えると、ビジネス->ITでのビジネスロジックの実装->ネットワーク制御という話になる。ポイントはビジネスを考える人が最初にいて、その後にロジックが出来るという点だ。

そもそも「全てのビジネスロジックに対応するNorth bound を全てかける」のか?Ciscoの思惑に外れてしまう人々(これが大多数なのか少数なのかが問題だけど)は必然的に自分でビジネスロジックの South bound を書かなければならない。

8割のユースケースをカバーできる2割(なんの2割だ?)のNorth boundが見つかるのか?

我々も注視。
by Takahiro_Komiya | 2012-10-24 22:22 | IP networking
LUN level I/O profiling
いままでも Brocade HBA では Target port ごとに Latency などの I/O profile をとれたが、v3.1ドライバ(もちっと先)で、LUN単位に取れる。

これはすごい!


bcu --ioprofile_start [-l ] [-r [(| -j lun_range |all_lun)]]


これにともない fcp initiator mode コマンド (bcu --fcpim) の profile 関係コマンドは上記の形式に変更。


別機能だが、某件でもあった、SAN boot の boot up delay もOK。
by Takahiro_Komiya | 2012-10-15 09:43 | ファイバチャネル
overlay と NIC task offload
当たり前だけどこんな感じ。

Send Task
- checksum
- LSO v2

Receive Task
- checksum
- RSS
- VMQ
- GRE
- Receive Segment Coalescing
- IPsec

IPsec はかなり重要。これだけのために、Switch 上でterminationする価値があるといってもいいかも(うちの場合だけかな?)。NDIS では Encap されたパケットプロセッシングオフロードが定義される。SR-IOV の関係も面白いが、これはおいおい。
by Takahiro_Komiya | 2012-10-14 16:59 | Ethernet
Brocade ADX Microsoft SCVMM LB provider
一部には今更感満載ですが、掲題の件、こんなかんじです。SCVMM2012 に入っています。

b0068870_16322377.jpg

by Takahiro_Komiya | 2012-10-14 16:33 | IP networking
NVGREも忘れずに
いろいろとVxLANが先行しているので仕方ないが、こっちも動いています。

b0068870_16175547.jpg



DCN(Data Center Networkじゃないよ)と DCB が連携するのは嬉しいが、使う人はいるのだろうか。
by Takahiro_Komiya | 2012-10-14 16:24 | Ethernet
Ruckus が IPO
ということは、あの件はむにゃむにゃになったわけですね。

Ruckus Wireless Goes for an IPO
http://www.lightreading.com/ほげ.asp?doc_id=225657


#「ほげ」のところを document におきかえてください。excite blog のセキュリティポリシでリンクをアップできません
by Takahiro_Komiya | 2012-10-14 16:10 | その他 technology
VCS の最後の柱
ここで3つの柱を書いたが、元々は4つの柱であった。この4つ目の柱については意味を取り違えるということで外した経緯がある。何かというと、Dynamic Service Insertion という機能である。

このDSIという機能性は、ファブリックに対して新しい機能性を追加するときにサービスカタログへの追加を動的に行うことができる(ファブリック全体の再構成をすることなしに)という機能である。ところが、私自身もそうであったのだが、SLB/FWなどのファブリックに結合する外部アプライアンスへのトラフィックリダイレクションというニュアンスにとらえてしまった。

前者のイメージ(例えばFabric への L3 機能の追加)は実は既にVCSに組み込まれていたりする。実際はもう少し先にならないとイメージ通りの動きにはならないが。NOS v3.0 では OSPF が動作する。この先、IS-IS やら BGP を動かすとなると、当然それらのプロトコルデーモンをインストールして、構成追加して、デーモンを起動するとかするわけだが、ファブリックサービスのカタログデータベースが増えるわけで、これはこれで大問題(そうじゃないと、一貫性がくずれてしまい、場合よっては Fabric segmentation してしまう)。ということで、動的再構成サービスがあるわけ。

#プロトコル単位のデータベースじゃなくて、ファブリックサービスとしてのカタログね

後者のイメージについてももう少しで来る。イメージは VCS での Policy Base Routing である。このあたりを OpenFlow でできたら嬉しい(よね)。
by Takahiro_Komiya | 2012-10-14 16:03 | Ethernet
solidfire
やはりこれなのか。

http://solidfire.com/
by Takahiro_Komiya | 2012-10-14 15:05 | その他 technology
今日の ITpro EXPO での興味ポイント
今日はあんまり回れなかったが、富士通のInterstage Big Data Complex Event Processing Serverが気になった。

通常のCEPで全件のjoinはとても重いが、現実的に動くということ。あと、フィルタルールの書き方が結構簡単そう。ただ、ストリームがテキスト、HTTP、SOAPだけだとちと少ない。あとは案件単位なんだろうけど、どれくらい費用がかかるのかわからないので、おいそれと提案できない。このへんわかるといいなぁ。

Interstage eXtreme Transaction Processing Server の方も良い感じ。後はデータのpersistenceを同期的に行えるAPIだけほしい。


ITpro EXPO じゃないけど、先週の Gartner のイベントでの「Hitachi Advanced Data Binder」も良い感じ。これの製品版。BS2000 分散SMP+VCS でアメリカでも売りたいですな。


私もパネリストとして出た、こちらも楽しかったです。さくらインターネットの大久保さんのコメントがいいですね。私の話した業務優先度の話については詳細は書かないけど、こちらをあわせて見るとなんとなく分かる人にはわかるか。
by Takahiro_Komiya | 2012-10-12 00:58 | その他 technology
NVGRE/VxLAN 超訳
データホテルの伊勢さんのblogの超訳がイカす!

VxLANの方

NVGREの方

Extensible Switch に関してはいろいろ書きたいこともあるが、今はまだかけない。来年辺りか。


#データパスはファブリックにおまかせできるといいですな
by Takahiro_Komiya | 2012-10-04 10:14 | IP networking