何でもありの備忘録
by takahiro_komiya
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
<   2014年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧
VDX6740B, VDX2741
b0068870_9275558.png


b0068870_543486.png

コレじゃないよ


#2015/2/17追加
http://news.mynavi.jp/news/2015/02/17/029/
by Takahiro_Komiya | 2014-12-27 01:26 | Ethernet
SDN 環境で Vyatta を使う - 2
ちなみに Vyatta Controller ではいくつかのアプリケーションがバンドルされる。今日現在まだ見ていないが(俺だけ?)、Brocade Vyatta Element Manager なるアプリケーションというものがある。もちろん Vyatta (ただし vRouter5600 のみ)を管理、設定できる。このうち、設定に関しては IPsec であればトンネルの設定が可能だ。

ここで書いた YANG は l2tp であるが、それはまた追って。

#tail-f でやったデモに近づいてきた。

また、ここで画面を掲載した Path Explorer アプリも付属する。

そのほかのアプリケーションとしては ODL のL2 switchのコンポーネントである host tracker などがある。これは秀逸だ。

HostTracker についてはここを参照。

• Packet Handler: The Packet Handler categorizes packets into flows, gathers information from the packets, and dispatches them to their destinations.
• Loop Remover: Switches that are interconnected for redundancy can form switching loops. A single frame that cycles through the loop repeatedly can waste network resources indefinitely. The Loop Remover functionality uses Link Layer Discovery Protocol (LLDP) to learn topology information, and then uses this information to avoid forwarding frames in loops.
• ARP Handler: The L2Switch uses the ARP Handler to install and manage flood flows as well as send Address Resolution Protocol (ARP) frames to the controller. When a packet that arrives at the switch does not match other flows, or is an ARP frame, it can be sent to the controller. Alternatively, the packets can be flooded into the network.
• Address Tracker: This component allows the controller to track observations of IPv4, IPv6, and MAC addresses, and where they are observed. The Address Tracker employs ARP to resolve IP addresses used by software to media access control (MAC) addresses that are used by LAN hardware. ARP tracks the IP and MAC addresses of ARP requesters and respondents.
• Host Tracker: This component tracks the locations of hosts (using the MAC addresses of the hosts as the primary identifier) in the network, and adds them to the topology. It creates a node in the topology to represent a host, and attaches it to the appropriate switches.
by Takahiro_Komiya | 2014-12-25 13:28 | IP networking
Brocade Vyatta Controller akka 3nodes クラスタリング
こんな感じ。(2014/12/25現在、まだ試していない)

1.それぞれのコントローラのインスタンスを停止
/opt/bvc/bin/stop

2.それぞれのノードの akka.conf を編集
/opt/bvc/controller/configuration/initial/akka.conf

3.127.0.0.1 をそれぞれのノードのIPアドレスに変更(下記では10.0.0.1 – 10.0.0.3)
変更前
remote {
log-remote-lifecycle-events = off
netty.tcp {
hostname = "127.0.0.1"
port = 2550
maximum-frame-size = 419430400
send-buffer-size = 52428800
receive-buffer-size = 52428800
}
変更後
remote {
log-remote-lifecycle-events = off
netty.tcp {
hostname = "10.0.0.1"
port = 2550
maximum-frame-size = 419430400
send-buffer-size = 52428800
receive-buffer-size = 52428800
}

4.Clusterセクションの seed-nodes 設定を変更する
変更前
cluster {
seed-nodes = ["akka.tcp://opendaylight-clusterdata@10.0.0.1:2550”]

変更後
cluster {
seed-nodes = ["akka.tcp://opendaylight-clusterdata@10.0.0.1:2550,
"akka.tcp://opendaylight-clusterdata@10.0.0.2:2550",
"akka.tcp://opendaylight-clusterdata@10.0.0.3:2550"]

#akka.conf には Seed-nodes の設定は二か所あるので両方とも変更する

5.Roles セクションにインスタンスのロール名を記述する(default は member-1)
変更前(ここではinstance2のロール名を変えている)
roles = [
"member-1"
]
変更後
roles = [
"member-2"
]

6.それぞれのノードの module-shards.conf を編集する
module-shards = [
{
name = "default"
shards = [
{
name="default"
replicas = [
"member-1",
"member-2",
"member-3"
]
}
]
},
{
name = "topology"
shards = [
{
name="topology"
replicas = [
"member-1",
"member-2",
"member-3"
]
}
]
},
{
name = "inventory"
shards = [
{
name="inventory"
replicas = [
"member-1",
"member-2",
"member-3"
]
}
]
},
{
name = "toaster"
shards = [
{
name="toaster"
replicas = [
"member-1",
"member-2",
"member-3"
]
}
]
}
]

7.コントローラインスタンスを起動
/opt/bvc/bin/start




#注意
OpenFlowには Multiple Controllers というスペックがあるが、akka による clustering は multiple controllers とは違う。OFPCR_ROLE_EQUAL、OFPCR_ROLE_{MASTER | SLAVE}とは意味が違うので注意
by Takahiro_Komiya | 2014-12-25 13:14 | IP networking
Aerie from HP LAB
Non Volatile Memory とファイルシステムの話については何回も書いているが、HP LAB の Aerie について資料を発見。

プレゼンはこっちの方がいい。

PXFSはよさそう。もはやFilesystemのみを製品化する時代ではないだろうから、どうするのか知りたい。

#でもスケーラビリティが...


そういや、この辺はどうなった。
by Takahiro_Komiya | 2014-12-24 17:20 | その他 technology
SDN 環境で Vyatta を使う
ここでも書いたが、データプレーンをいじらないのであればSDNは現実的にうまく動く。YANGモデルがあれば Tail-F を使用して使うこともできるし、Open Daylight を使用して動かすこともできる。

Vyatta の MD-SAL ベースのアプリケーションはまだこれからだが、YANG モデルはできてきた。

#ということはもう少しですな


b0068870_1050393.png



IPsec/L2TP サービス設定などがRESTでできるよ、これで。


#2015/1/13 更新
Tunnel Builder という画面で、登録済みのVyatta vRouter5600 間に IPsec トンネリングを構成できるということはわかった。画面は追って。
by Takahiro_Komiya | 2014-12-24 10:52 | IP networking
Open Interconnect
Open Interconnect なるものが。

Interconnectとはあるが、サーバ間の接続性ではなく、IoT時代の相互接続性を改善するための団体だ。
by Takahiro_Komiya | 2014-12-24 09:28 | その他 technology
OpenDaylight API メモ
https://wiki.opendaylight.org/view/OpenDaylight_Controller:RESTCONF_Northbound_APIs
https://wiki.opendaylight.org/view/OpenDaylight_OpenFlow_Plugin:End_to_End_Flows
https://wiki.opendaylight.org/view/Controller_Projects%27_Modules/Bundles_and_Interfaces



MD-SAL
https://wiki.opendaylight.org/view/OpenDaylight_Controller:MD-SAL:Concepts
https://wiki.opendaylight.org/view/OpenDaylight_Controller:MD-SAL:FAQ
https://wiki.opendaylight.org/view/OpenDaylight_Controller:MD-SAL:MD-SAL_App_Tutorial



その他
http://archive.openflow.org/wk/?title=OpenDayLight_Tutorial
http://sdnhub.org/tutorials/opendaylight/
by Takahiro_Komiya | 2014-12-18 16:44 | IP networking
Brocade Vyatta Controller 画面
まとまった時間がとれなかったのでパスしていましたが、諸事情があり、デモ環境を構築。

まぁ、internal beta にしては苦労するほうね。さすが初めてのバージョン。

とりあえず、mininet な感じ。16個作ってみた。

b0068870_15163167.png


しかし、いかんせん非力な業務PC君。mn で完全にコントローラ配下に入るまでに2分くらいかかった。というわけで、2個に減らしてみた。

#20141225更新
これは Host Tracker application の性能問題の可能性あり


b0068870_15164117.png


ここまでくると Path Explorer も動作。

なお、構成についてはこんな感じ

メモリ      6GB(最低限)、16GB(推奨)
ネットワーク  1GbE(最低限)、10GbE(推奨)
CPU      4Core(最低限)、8Core(推奨)
ストレージ   32GB(最低限)、64GB(推奨)
OS       ubuntu 14.04

Oracle JRE をいれるところだけちゃんとやれば、まぁ、普通にインストールできる。


というわけでサーバ版OSに移行。
by Takahiro_Komiya | 2014-12-02 15:20 | IP networking