何でもありの備忘録
by takahiro_komiya
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
VM Insight and NVMe over FC-fabric
こんな発表が。

既に Brocade G620 という Gen6 FC(32G FC)スイッチは出荷開始している今回の発表は Director クラス製品である X6 シリーズの発表である。製品としては Gen6 FC 、つまり 32G/128G に対応というところが肝だが、このblogでいいたいのは以下の二つ。

1. VM Insight
2. NVMe over FC-Fabric

まず、1. の VM Insight だが、

VM Insight uses standards-based VM tagging to enable monitoring of VM-level application performance issues in a Gen 6 Fibre Channel SAN.


とあるとおり、もともとはFC-NWSGで議論されていた(FC-FS/FC-GS)16バイトのオプショナルヘッダー(VMID)を使ったVM(もしくはアプリケーション)の識別を実現するものだ。

FC Switch で使われているスイッチにはもともと ACL ベースの Performance monitoring はついているが、VM Insight では、上記のVMIDのパースが可能になっている。したがって、VM単位の End-to-End モニタリングが可能だ。また、もしVMもしくはアプリケーションがlive migrationしたとしても、ユニークなVMIDがついていれば識別が可能になる。

#Windows Server の Synthetic FC HBA 機能などは NPIV を使っているため、ユニークなIDというには制限が多すぎた

VM Insight 機能についてはまだ発表だけで、実装はこれからになる。というのも、VMware やアダプタベンダのサポートも必要になるからだ。これについてはちかいうちに話ができるようになるのでは。


次が2番目の NVMe over FC Fabric だ。ただ、これはこのblogを見ている人であれば、既にいくつも投稿をみているだろう。ここでも書いているとおり、既に NH-IOL での plugfest も行われている。


vmid, NVMeoF (FC/Ethernet) はここから1年半くらい熱いテクノロジだ。
# by Takahiro_Komiya | 2016-07-20 13:44 | ファイバチャネル
LTE-Advanced Pro の記事
TTIを0.2msに!

ノキアの提案ですか。


でも、こいつがきたら(6Gとか?)、次元が変わるか。それくらい SFD はすごい話。
# by Takahiro_Komiya | 2016-07-19 09:54 | その他 technology
SQream Technologies
ETL な話で見つけた。

http://sqream.com/
# by Takahiro_Komiya | 2016-07-15 14:41 | その他 technology
Oracle Active Data Guard と Goldengate の比較
http://www.oracle.com/technetwork/database/features/availability/dataguardgoldengate-096557.html
# by Takahiro_Komiya | 2016-07-15 10:59 | その他 technology
in-storage computing by samsung
以前、こんなことを書いた。Near Data Computing は Google の話だが、Samsung も in-storage computing という概念をうたっている(IEEE Solid-State Circuits magazine Spring 2016によれば)。

絵だけみると、「Stored Procedure みたいなものをかけるストレージ」っぽい。

Nxgn data っぽいなぁ。
# by Takahiro_Komiya | 2016-07-13 07:41 | その他 technology
OpenConfig
へいへいへいー


#でもうちはやらないよ、たぶん
# by Takahiro_Komiya | 2016-07-11 16:59 | IP networking
Xpliant/Tomahawk な比較
こんなのがあった。
# by Takahiro_Komiya | 2016-07-11 16:50 | Ethernet
Barefoot Tofino and PISA architecture
忘れないようにメモ


PISA の絵を見ると、なんとなくこれを思い出す。Packet Shader 見たいなものはわかりやすい。CUDA でパイプラインを設計する話と P4 の話は比喩としては同じ。
# by Takahiro_Komiya | 2016-07-11 15:55 | Ethernet
Apeiron NoE
こんな記事が。

なんか ExpEther を思い出した。
# by Takahiro_Komiya | 2016-07-11 08:59 | Ethernet
Stackstorm と Jenkins
OpenStack Days での質問で回答に困ったこと。それが掲題の Jenkins と StackStorm の比較の話である。

Jenkins についてはこの解説がわりとわかりやすいのではないだろうか。まずはこの程度の Jenkins の知識がある前提でスタート。

おそらく Jenkins で CI/CD のオートメーションを行おうとすると、maven, jiraその他を利用するようにカスタムツールをたくさん使うだろう。カスタムスクリプトで対応しているはずだ。するとツールの数が増えれば、ツール自体の組み合わせがN^2のオーダで増える。コードやテストだけではなく、これらのツールの組み合わせフローのテストは問題になる(カスタムスクリプトだからという前提、またツール側もアップデートするから)。ここを自前ではなく sensor/action recipe にオフロードできれば、データフロー、イベントトリガについては見通しがよくなる。

これが StackStorm のアドバンテージ。

その他ツールとの比較はこちらこちらのほうがイメージとしてわかりやすい。


StackStormそのものではないけど、Jenkins で困ったことの例
# by Takahiro_Komiya | 2016-07-08 18:38 | その他 technology