何でもありの備忘録
by takahiro_komiya
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
タグ:fc ( 44 ) タグの人気記事
FC-NVMeのセッション確立までの流れ
特段、FCと異なるところはない。しいて言えば最後の部分か。

1) ファブリックログインの実行(FLOGI)

2) Name Server にログイン

3) Name Server に自身を登録
a) FC-4 TYPE オブジェクト
0x28h (NVMe over FC)
b) FC-4 Features オブジェクト
ビット 定義
3   予約
2   discovery service supported (1:supported)
1   initiator function supported (1:supported)
0   target function supported (1:supported)

4) Fabric Controller への RSCN の登録(SCR)

5) Name Server に GID_FF(Get PortID_FC4_features)を発行し(IUの中身は initiatorならfeatures:01h, type:28h)、NVMe over FCかつNVMeターゲットポートをサポートするポートIDのリストを取得

6) 上記のリクエストに対する accept CT_IU に含まれるそれぞれの Port ID に対して下記の手順を実行する
a) PLOGI の送信(FC2 リンクの確立);
b) PRLI(FC4 接続の確立)
c) NVMe Report Subsystems コマンドを発行し、ターゲット NVMe_Port 経由でアクセス可能な NVMe Qualified Names(SUBNQNs) のリストを取得



b0068870_17354266.png

by Takahiro_Komiya | 2016-09-08 17:27 | ファイバチャネル
Gen6 FC Plugfest
FCIAの Gen6 FC Plugfest が行われた。

成果は下記の通り。

Gen6 FC:
Physical conformance to FC Physical Interface-6 (FC-PI-6)
Gen6 32GFC, 16GFC and 8GFC interoperability and backwards compatibility (4lane 128Gは無い)
Multi-topology use case conformance; including 10km ISLs and direct connect
Multi-vendor N_Port Virtualization (NPV) and N_Port ID Virtualization (NPIV) interoperability
Large multi-vendor and high availability redundant fabric conformance
Improved data protection and security
Gen6 – 32GFC and 16GFC forward error correction (FEC) interoperability
T10 Protection Information (PI)
FC port-security, also referred to as port binding
Low-cost high-reliability 32/16/8G FC active-optical-cable(AOC) and DAC interoperability
FC-NVMe – first Industry-wide multi-vendor proof of concept: (キター)
FC Fabric connectivity to a variety of market available NVMe PCI Express-based drives
Multiple vendor FC-NVMe initiator and target interface operations
I/O validation over direct-connect and switched fabric topologies
Concurrent NVMe and legacy SCSI traffic
Backwards compatibility with previous FC speeds, fiber optics, and fiber cables
Packet inspection using updated industry tools
FCoE over 25GbE and Gen 6 converged fabric interoperability and backwards compatibility
25GbE FCoE server to converged Gen 6 FC and FCoE core and storage
Multi-topology use-case conformance
by Takahiro_Komiya | 2016-06-28 12:43 | ファイバチャネル
FC-NVMe Data Transfer Rules
提案キマシター

This proposal add data handling functions to FC-NVMe. The goal of this proposal is to translate SGL Data to data residing in the DATA_IU frame. This is needed since FC-NVMe does not use RDMA and thus cannot transfer SGLs directly across the wire.

Two types of data of data are handled:
a) metadata
b) LBA data
by Takahiro_Komiya | 2016-04-18 09:59 | ファイバチャネル
NVMe over fabrics battle
ここでもでているが、RoCEやInfiniBandとは違う形で protocol translation を行わない NVMe over Fabrics の形として FC/Ethernet のバトルが熱い。

However, FC-NVMe may lead to a Fibre Channel resurgence if it can offer tangible benefits over competing RDMA over RoCE and InfiniBand implementations. There is no doubt that NVMeF is coming to the datacenter on an accelerated time frame - the only question is which interconnect will prove to be the most popular.


上記のいっていることはまったくそのとおりだと思う、ただし上記には多少の強引さもある。

似たような話はいたるところに出ているが、陽に書かれていないのは、Storage Context なのか Non Storage Context なのかという話。前者であれば単なる低遅延ストレージ(とはいえ、NVMeならではの多平行I/Oなどはある)であり、FCの意味もある。米国のようなストレージ/SAN管理者がいるところでは特にそうだ。FCoEがはやらなかった理由でもある。後者の場合、逆に RDMA 勢が強い。もともとFCは Initiator-Target の関係がはっきりしている環境で使う(そうでない環境で問題があるわけではないが)。しかし、RDMA verb を利用する API ベースでの persistence だと必ずしも固定的ではない。とすると、discovery などをfabricサイドで完全に自動化する意味は減る。

当面、各ベンダがやろうとしていることは Storage Context なので FC-NVMe が優勢だと(個人的には)思っている。
by Takahiro_Komiya | 2016-01-13 15:19 | ファイバチャネル
Gen6 FC FEC
32G FEC のときは

it can correct up to 7 symbols in every 5280-bit transmission. A symbol consists of 10 bits, so there are 528 symbols in every 5280-but transmission.

➖Gen6(32G FC)の時は FEC は always active
➖Gen5(16G FC)の場合、E_Port、N_Port, AG の F_PortRDY、通常の R_RDY/VC_RDY モードのポート
➖Gen6では default enable
➖disableであっても FEC capability negotiation があった場合、自動的に enable
➖ QoA, Trunking, BB_Credit Recovery とは同時に動作可能
➖TTSが可能なデバイスの場合、portcfgfecで "ON" が表示される
by Takahiro_Komiya | 2016-01-08 10:39 | ファイバチャネル
NVMe over FC fabrics
まだデモの段階ですが。

http://www.thefibrechannel.com/articles-by-tfc/qlogic-and-brocade-first-to-demonstrate-non-volatile-memory-express-over-fabrics-with-fibre-channel/

NVMe over Fabric における discovery は既存のさまざまなメカニズムをレバレッジするが、FC の場合、やはり SNS を使用する。このあたり Ethernet Fabric だとどうするのかは考え方次第だが、iSNS なんてのも面白いだろう(NVMe over Ethernet Fabric はまたいずれ)。
by Takahiro_Komiya | 2015-12-08 09:20 | ファイバチャネル
Qlogic Gen6 (ready) FC HBA
こんな感じですね。

今はまだ対応していませんが、Gen6 FC (32G FC, 28.05Gbaud)と 128GFCp も。
by Takahiro_Komiya | 2015-10-13 09:46 | ファイバチャネル
Gen6 128GFCp でのスピードネゴシエーション
Gen6 FC (32GFC, 28G baud) では InfiniBand や Ethernet のような 4lane 転送を採用する(Brocade 固有であれば 16G x 64G なんてのもあったが)。

で、これのスピードネゴは FEC もからんでちと大変そう。ググってみたら自社の patent が。
by Takahiro_Komiya | 2015-09-15 09:57 | ファイバチャネル
Brocade AMP (Analytics Monitoring Platform)
ここで性能監視&BIGDATAのことを書いた。これを書いた背景の製品がGAされた。名前は Brocade AMP(Analytics Monitoring Platform)。

今までのpathをタップしてミラーフローを解析するような製品ではないのがポイント。だからスケールさせることが可能。また、Flow Vision/MAPSと組み合わせた監視もできる。いいね。

b0068870_1410517.jpg



MAPSを使った通知例
[MAPS-1003], 5100/4673, FID 128, WARNING, sw0, Flow (SID=010200, DID=010800,VTAP=010200,Lun=1), Condition=sys_mon_analytics (RD_STATUS_TIME_GE_512K/sec>=100), Current Value:[RD_STATUS_TIME_GE_512K, 130us], RuleName=my_custom_rct_rule, Dashboard Category=IO Latency Impact.
by Takahiro_Komiya | 2015-08-26 13:55 | ファイバチャネル
VM aware Fibre Channel
Gen6 世代の新機能のベース
by Takahiro_Komiya | 2015-06-02 19:19 | ファイバチャネル