何でもありの備忘録
by takahiro_komiya
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
タグ:openstack ( 14 ) タグの人気記事
CPlane Networks
こんな会社があるのね。

MLXe でのマルチサイトの話と同じではあるが、ピュアソフトな話だから AWS のクラウドバースティングでもいけるのか。これはこれでいいね。
by Takahiro_Komiya | 2015-08-04 17:43 | IP networking
Mirantis/Brocade
b0068870_18413930.png

by Takahiro_Komiya | 2014-10-27 18:43 | その他 technology
OpenDaylight と OpenStack
@IT の三木さんによる Red Hat の Chris Wright のインタビューが記事になった。

個人的にはNeutronがベンダプラグインであふれるくらいなら ODL でやるのもいいと思う。

Neutronはユースケース込みなので、汎用ネットワークサービスをやりたいなら ODL の方がシンプルだ。この点において Tail-F と ODL は比較されうるが、実装がオープンである方がこれからはいいのかもしれない。

#NEDとかで拡張もいいと思うが

このあたりの比較はこのblogの投稿が詳しい。

OpenStack ODL integration なんてのもある。
by Takahiro_Komiya | 2014-10-27 18:15 | IP networking
OpenDalightへのコントリビューション
Vyatta Controller として OpenDaylight を発表したわけだが、オープンソースへの関わり具合について社内的にも見えてきた。

少なくとも OpenStack, OpenDaylight の2つのオープンソースイニシアティブに関しては、これに積極的にコミットしていく体制ができている。例えば、OpenDaylight の Spectrometer を見てみる。

ODL Spectrometer(integration,commit)

b0068870_7255362.png


Cisco の規模にはまだ及ばないが、それでもCisco, RedHat, Ericsson につづいての4番目のポジションだ(まぁ、順位が問題ではないのだが)。

また、チームについてもすごいメンツを採用している。冒頭の発表にも出ている Kevin Woods もそうだが、integration に関するコミッターのトップのLuisもブロケードにjoinした。この他にも TSC Chairperson の Colin Dixon もブロケードにjoinした。

b0068870_7294454.png


Kevin と話をしたが、背景には Daylight の事業化に関する熱い思いがあった。簡単にいえば、コントローラ出すのに際して、決して ODL を fork しない、ということである。

未来永劫このアプローチでいくかはわからないわけだが、これはハードウェアで稼いできたメーカとしては大きな変化だ。個人的には大歓迎だ。


OpenStack の Stackalystics はこちら
by Takahiro_Komiya | 2014-10-09 07:37 | IP networking
OpenStack FC Zoning Manager
ここにも書いてあるけど、

Brocade Fibre Channel Zone Driver performs zoning operations via SSH.

なのです。RESTはもちっと先。
by Takahiro_Komiya | 2014-05-14 13:13 | ファイバチャネル
Brocade VCS Fabric Plugin certified by RedHat
ここでOpenStack Neutron(Former Quantum)プラグインの話を書いているし、あちこちで Redhat/Piston Cloudで動作するということは書いているが、ようやく正式にRedHat Enterprise Linux OpenStack Platform 3(RDOではなくて)で Certifyされた
by Takahiro_Komiya | 2013-11-21 10:20 | IP networking
OpenStack Networking Brocade VCS plugin のインストールメモ
基本はこれ

あとは、


sudo yum install -y openstack-quantum-linuxbridge
sudo yum install -y openstack-quantum-brocade


linuxbridge の設定は特に変わったところはない。brocade plugin の設定は、brocade.ini(/etc/quantum/plugins/brocade/brocade.ini)の下記を設定すれば最低限の動作は可能。

[SWITCH]
username = admin権限のあるNOSのユーザー
password = パスワード
address = VCS management cluster の virtual IPアドレス
ostype = NOS

あと、

network_vlan_ranges = physnet1:80:999
physical_interface_mappings = physnet1:eth1

てな感じで値を指定したほうがいい。



#2013/6/26 追加
qemu.conf に device cgroup ACL を設定しないとダメ
by Takahiro_Komiya | 2013-06-25 16:43 | IP networking
OpenStack Networking Brocade VCS plugin による SDN
INTEROP 2013 でデモを行うため、Brocade VCS 連携のための Quantum Plugin の設定を行った。

詳細は追ってここでも書こうと思うが、ちょっとした注意点が。

Brocade の On Demand Datacenter ビジョンでは、Rackspace、Piston Cloud と Redhat のサポートを発表をしているが、少なくとも今日現在では Redhat 上の RDO ではすんなりと動かない。INTEROPでは ubuntu を使用した devstack(ちょっとした都合で stable folsom を使用)。

仕組みとしては非常に単純。Quantum Plugin が VM の vnic, OpenStack Networking の設定から、subnet や VLAN とのマッピングを生成する。マッピング情報を port-profile として NETCONF(ncclientを使って)で VDX に渡す。一度 port profile が生成されると、MAC 学習に伴い port profile を動的に結合する AMPP が働くだけ。

VMware の場合の VM aware Network Automation と OpenStack plugin の動作の大きな違いは下記の点。


-VM aware Network Automation の場合、VCS ファブリックの代表スイッチが vcenter から情報を pull し、ポートプロファイルをファブリックスイッチで生成し、ファブリックサービスを使用して全メンバスイッチに伝搬させる
-OpenStack plugin では、plugin 側でポートプロファイルを生成し、VCS のマネージメントクラスタに対してプロファイルを push する。マネージメントクラスタはファブリックサービスを使用し、ポートプロファイルを全メンバスイッチに伝搬させる
by Takahiro_Komiya | 2013-06-05 22:30 | その他 technology
Orchestration of Fibre Channel technology with OpenStack
ここでOpenStack Cinder の FC SAN 連携の話を書いた。

つい先日の OpenStack dev summit でBrocade/HP/EMC/IBMからHavanaでの実装について提案があった。その際の動画がこれ
by Takahiro_Komiya | 2013-05-01 09:56 | ファイバチャネル
OpenStack Quantum plugin for Brocade Ethernet Fabric
OpenStack Summit 2013 が近づいているところで、こんなのが出ている。

実はずいぶん前からLaunchpadには出ていたのだが、デモは昨年あたりからやっていた。

Quantum Plug-in のアーキテクチャ自体はとても簡単。VDXシリーズにはもともと、Automatic Migration of Port Profile という機能があり、Port Profile を作成すれば、あとは仮想マシンをどこにマイグレーションしようが、自動的にプロファイル追従してくれている。VMware の場合に、このプロファイルの作成まで自動で行ってしまう機能が、VM-aware Network Automationだ。OpenStack Quantum Plugin はそれを OpenStack で実行するためのものだ。

Overview の絵にある通り、プロファイルの設定を NetConf で行うだけ。あとはファブリック側で勝手にやってくれる。


とても簡単!かつAMPP、VM-aware Network Automation で実績がある通り、このプラグインも問題なく動くことでしょう。
by Takahiro_Komiya | 2013-04-04 14:07 | Ethernet