何でもありの備忘録
by takahiro_komiya
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
INTEROP 2009 NC-23 で言いたかったこと
INTEROP 2009 NC-23 セッションは、下記の話しかしていない。

ブロケード : CEEによる I/O 統合 (FCoE, IP)、ポート仮想化
シーゴ : Adapter 統合、仮想アダプタ
NEC : PCI-Express の(10GbEによる) inter-chassis 拡張

I/O 仮想化の話は私の資料で触れられていたに過ぎない。来る人のプロファイルが読めないので、I/O Virtualization と Virtual I/O の差を話せなかったのが残念。でも、このあたりの話は PCI-Expressの話であったり、OS の話であったりするので、INTEROPのセッションであることを考えるとちょっと控えめにせざるを得なかった。

それはともかく、上記の3社とモデレータとの意見の相違が現れたのが、ラップアップの部分。「I/O にまつわる各種サービスが必要であるのか(まとめスライド上は自動発見だけだったが)」という部分は、3社とも必要だという立場であった。これはこれで深い議論になりそうなんで、来年はこれ一本に絞って話をしてもいいかも。でもサーバ設計者じゃないと適切な話にならないが。

I/Oサブシステムがちゃんと初期化され、発見されないと、システムとして稼働しない。I/O仮想化セッションだったので、コメントはしなかったが、I/Oとリソース(LUN等)の発見は別次元。BIOS, openboot なりで adapter を自動発見できないと、そもそも boot LUN 見つからない。

#書けばかくほど、ネットワークの話じゃないな
by takahiro_komiya | 2009-06-13 11:52 | ファイバチャネル
<< ひえひえマット osdfs 改め exofs >>