何でもありの備忘録
by takahiro_komiya
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
lossless iscsi
DELLさんからお借りしている EQL で lossless iscsi を検証中。

仮想化環境でのiscsiやmapreduce のような N:M (N>>M) ノードの通信が発生するような場合、たとえ deep buffer を持っていても、性能が出なくなるようなことが考えられる。たとえば tcp in-cast などが発生するような場合だ。このような問題を緩和するためには桁違いの deep buffer を用意するか、lossless を使用するのが効率的だ。

ということで、lossless iscsi 環境を構築した。Brocade Adapter driver 2.3.0.2, Network OS 2.0.1b, EQL v5.1 181537 を使用した。BR8000 でももちろん可能。

以下は作業メモ。

vdx のcee-map設定。

cee-map default
priority-group-table 1 weight 40 pfc on
priority-group-table 2 weight 50 pfc off
priority-group-table 3 weight 10 pfc on
priority-table 2 2 2 1 3 2 2 15.0
!
protocol lldp
advertise dcbx-fcoe-app-tlv
advertise dcbx-fcoe-logical-link-tlv
advertise dcbx-iscsi-app-tlv
advertise dcbx-tlv
iscsi-priority 4


adapter 側の見え方。


C:\hoge> bcu cee --query 1/0

CEE status: Active
----------------------------------------
Remote LLDP-Attributes
----------------------------------------
Time to Live 120
Chassis ID 00:05:33:xx:xx:xx
Port ID Te 1/0/20
Port Desc --
System Name --
System Desc --
System Cap --
----------------------------------------


Operational CEE Map:
---------------------
Priority Group Table

0: Weight 0, PFC Disabled
1: Weight 40, PFC Enabled
2: Weight 50, PFC Disabled
3: Weight 10, PFC Enabled
4: Weight 0, PFC Disabled
5: Weight 0, PFC Disabled
6: Weight 0, PFC Disabled
7: Weight 0, PFC Disabled

Priority Table
CoS: 0 1 2 3 4 5 6 7
----------------------------------------------
PGID: 2 2 2 1 3 2 2 15

FCoE Priority Table
3

iSCSI Priority Table
4


FCoE Logical Link Status: Up
Network Priority: 4
DCBCXP version: CEE

C:\hoge>



肝心のEQLの設定はというと

group1> grpparams dcb enable
group1> show grpparams
______________________________ Group Information ______________________________
Name: group1 Group-Ipaddress: 192.168.102.200

途中省略

Standby-Button: disabled DCB: enabled
Def-DCB-VLAN-Id: 0 Thermal-Shutdown: enabled



というわけで設定はとっても簡単。
by takahiro_komiya | 2011-07-26 14:50 | Ethernet
<< Windows vNext RFC6325 TRILL R... >>