何でもありの備忘録
by takahiro_komiya
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
NVO3 problem statement
掲題のドキュメントがある。全部で7つの問題がアドレスされている。

1. Need For Dynamic Provisioning
これは流行りの Software-Defined-Network のことを意味している。動的にソフトウェアから仮想ネットワークインスタンスの生成、破棄などを行うための仕組み(主にAPI)などを言っている。

2. Virtual Machine Mobility Limitations
クラウド環境では、ファブリックでいうところの Automatic Migration of Port Profile もしくは VM-aware Network Automation 機能が必要になるということで。

3. Need to Decouple Logical and Physical Configuration
これがOverlayのキモでもあるが、論理ネットワークと物理ネットワークの「構成」の分離をしないとダメよということをいっている。

4. Need For Address Separation Between Tenants
MAC/IPなどのネットワークの分離をしましょうということである。

5. Need For Address Separation Between Tenant and Infrastructure
テナントと基盤のアドレス分離を言っている。

6. IEEE 802.1 VLAN Limitations
これはVLANのスケーラビリティ限界のことを言っている。


とまぁ、ここまではおおまかに言ってプロトコルなので、決め事の話になる。


7. Inadequate Forwarding Table Sizes in Switches
最後の問題は、クラウド環境ではフォワーディングテーブルが大きくなってしまうという話。わからなくはないが、Ethernet に立脚している以上、これの解消はなかなか難しい。単に物量で解決するのはコスト的に難がある。どうするんでしょうね(笑)。

#Fabric 出ない場合はあまり問題ではない

Fabricであっても、Overlay transparent であれば関係は薄いですが。
by Takahiro_Komiya | 2012-08-13 17:37 | Ethernet
<< SDN 関連記事についてつれづれと Linux implement... >>