何でもありの備忘録
by takahiro_komiya
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
Brocade Japan Demo room 物理構成変更
テクニカルアライアンスパートナのSiemonさんから提供いただいた、ラック/ケーブリングソリューションを使い、物理構成の見直しをしました。

#Siemonさん、ありがとうございます。かとちゃん>GJ!

ラックソリューションは VersaPODです。ラックのサイドに背面と正面を接続するためのケーブルマネージメントが収容され、正面と背面のパッチから最短で必要なケーブリング可能です。

ケーブルは、全面的に BladePatch シリーズを使用しました。ファイバケーブルは "LC BladePatch" ケーブル、BASE-T 用は "Cat6a BladePatch" ケーブルを使用しています。BladePatchケーブルのいいところは主に2点(専門家だともっとあるかも)。1点はケーブルを抜くときに爪を押して引き抜かなくていいということです。ケーブルの後ろを摘んで引き抜くだけです。

これはいい!

2点目は、ストレートクロスを簡単に入れ替えることができるところになります。2点合わせて動画だとこんな感じになります(英語ですが見ただけでわかります)

b0068870_13162084.jpg
b0068870_13164660.jpg
b0068870_13171148.jpg
b0068870_13173453.jpg


#Cat7も導入か

古いサーバ群やストレージも撤去したためガランとしてますが、今までのFCデモ、VDXに加え、Vyatta デモ、OpenStackデモも拡充する予定です(OpenFlowは単体としてはないですが、OpenDaylightで見せるかも)。

Flashストレージおいてくれるところ無いかな?検証にも使えます。
by Takahiro_Komiya | 2013-12-07 13:32 | その他 technology
<< SNIA Storage De... Overlay with DCB >>