何でもありの備忘録
by takahiro_komiya
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
タグ:32GFC ( 4 ) タグの人気記事
Brocade Gen5FC and Fabric Vision
16GFC を Generation 5(1/2/4/8/16なので5世代目)FCとしてリブランドした

この発表にはいくつかの内容が含まれている。

1.Brocade6520 Switch
2.Fabric Vision Technology
3.OpenStack
4.Generation 6 FCの開発開始

1.は大した話ではなく、96port の 16GFC ポートを持つ2Uのスイッチをだしたというだけのこと。すでに富士通などでは製品化されている。最近は日本のメーカーの方がこの手の技術製品の採用が速い。ちなみに同時にリリースされた Fabric OS v7.1 ではいくつかの機能の名前が変更された。

DCX8510 の Inter-Chassis Link は UltraScale Inter-Chassis Link という名前になった。また、D_Port は ClearLink Diagnostic Port に変更になった。また、FabricWatchや Server Application Optimization などのライセンスを統合し、Fabric Vision という機能になった。

2.は重要なので最後に。

3.はOpenStackのブロックストレージとして cinder への FC 連携を行う仕組みを開発するということ。ここでも書いたが、従来の連携では FC-SAN の制御ができなかった。Grizzly をターゲットに(といってもあと1か月)FC SAN Zoning Managerを公開予定。ストレージも Software Defined に。

4.はGen6、つまり、32GFC の話。符号化後スピードで 28Gbpsくらい/laneを実現することを狙っている。Gen6になると、8Gまでの8b/10b、16Gでの64b/66bから256b/257bにFC-FSが変わるため、転送速度はGbpsを使わないのが一般的。16GFC=1600MB/s、32GFC=3200MB/sと覚えれば大丈夫。ちなみに、InfiniBandやEthernetのように、4lane化することも標準化される見込み。つまり、16GFCx4なら64G(Brocade ICLと同じ)、32GFCx4なら128GFCになる。

で、2であるが、上記でも書いた通り、FabricWatch、SAOライセンスなどが統合されたものである。FW の機能は拡張され、Monitoring and Alerting Policy Suite(MAPS)という名前になった。現在でもbottleneck monitor でボトルネックの同定は可能だが、Bottleneck policy の設定が可能になる(これは将来機能)。

Brocade Network Administrator と組み合わせることで(もしくは MAPS のnotificationを駆使すれば)、仮想マシンからの ITNL レベルでの性能のヒストリカル分析とリアルタイムボトルネック検出&通知ができるようになる。これは大きい。
by Takahiro_Komiya | 2013-03-26 15:00 | ファイバチャネル
32Gbps FC
16GFC の製品アナウンスがあったばかりですが、もう32GFC の開発をしているということがでています。

これは難しいです。ここでも書いていますが、100GBASE-xR4 の 25Gbps/lane を超えて、28Gbps/laneとなるわけです。16Gbps FC ではASIC内データパスを64bitにするだけでよかったのですが、32Gbpsではそもそものクロックを上げないといけなくなります。ここからの開発は、ASIC、PCB、backplane など、総合的な技術が必要とされています。

R&Dに予算を振り向けるためにも、たくさん売らないといかんですなぁ。その前に 4x16GFC のデバイスが出るのではないかと思われ。

それはともかく、この記事をよく見ていくとこんなことが書いてある。

Brocade also unveiled an architecture called CloudPlex, which will guide the company in developing infrastructure for private, public and hybrid clouds. Ultimately, this architecture will provide a way for enterprises to easily and quickly shift virtual machines between public and private clouds over long distances, Stevens said. The architecture for doing this, called Starlifter, will hit the market in 2012, CEO Mike Klayko said in an interview after the event.


いやー、言っちゃいましたか。Starlifter。
by takahiro_komiya | 2011-05-05 08:39 | ファイバチャネル
28G 対応 FPGA キター
ザイリンクスからでた。

http://japan.xilinx.com/japan/j_prs_rls/2010/fpga/28Gbps-Virtex7-ht.htm

これで32GFCの評価もやり易くなるというものだ。
by takahiro_komiya | 2010-11-28 11:55 | その他 technology
32G FC MRDv4
32G FC の MRD がでてきました。version4です。

・single lane 28.05GBaud (16G FC は 14GBaud なので、単純にその倍)
・OM3 で 70 - 100m
・40GbE より 50% less power/port かつ 50% cost/port
・FC Energy Efficient (FC-EE) 対応
・16G/8G FC とのスピードネゴシエーション
・2014年に製品化(2011 + 3年サイクル)

16GFC の Baudrate がなぜ約14Gになるのかはここを参照。100GEthernet が 25GBaud/lane, IB が 25G/lane なのと比べても遜色ないのでは。

64GFC が出るかはびみょーな線ですが、64G のころには 128b/130b encoding になっているのではないかと思う、今日この頃。
by takahiro_komiya | 2010-03-23 23:36 | ファイバチャネル