何でもありの備忘録
by takahiro_komiya
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
タグ:nvme ( 41 ) タグの人気記事
VAST Data
今回の VP 来日での新しい情報。



by Takahiro_Komiya | 2019-06-25 11:33 | その他 technology
NVMe v1.4
NVMe v1.4 spec がでたとのこと。Latest spec はこちらから。

もとの記事にもあるけど、個人的に注目なのは PMR とCMB(こちらは一応v1.2/1.3でも記載はある)。


The 1.2 spec introduced the Controller Memory Buffer, which makes some of the SSD's DRAM directly accessible through PCI address space. This allows the IO command submission and completion queues to live in the SSD's memory instead of the host CPU's memory, which can reduce latency on the submission side, and can cut out some unnecessary copying in NVMe over Fabrics situations where peer to peer DMA between the SSD and the network card allows data to bypass the host DRAM entirely. The new Persistent Memory Region (PMR) feature in NVMe 1.4 operates similarly—the host system can read or write to this memory directly using basic PCIe transfers, without any of the overhead of command queues. In practice a Controller Memory Buffer is usually intended to be used in support of normal NVMe operation, but a PMR won't be involved in any of that.

あとは、コンシステンシー保証をどうするかか。



by Takahiro_Komiya | 2019-06-15 11:42 | その他 technology
Bluefield SNAP Technology 概略
OCP Global Summit 2019 の開催直前に Bluefield SNAP Technology の発表があった。

SNAP の話の前段を書いた方がわかりやすいと思うので、まずはAWS Nitro について。Nitro System についてはググれば出てくるので、ここではクラスメソッドの記事を引用。軽量HVによりストレージ仮想化を実現し、リモートストレージをローカルストレージとして使うことができる。

Bluefield SNAP はなんなのかというと、ストレージ仮想化技術である。DAS で NVMe を使うデメリットは拡張性や可用性などがあるため、わたしは日々 nvme over fabric 技術を推進している。ところが、nvme over fabric はベアメタルクラウドなどを構築するときや composable infrastructure を実現する際に困ったことが生じる。たとえば、ベアメタルOSとしてRDMAやover fabric ドライバが必要になるため、サポートされないOSでは使えない。例えば、ベアメタルインストールが必要である VMware は構築できない。
b0068870_18465912.png
SNAPを使えば、over fabric デバイスがローカルデバイスとしてエミュレーションされるため、上記のVMwareも構築可能だ。
b0068870_18470406.png
仕組みは上記のとおり。BF Smart NIC がローカルターゲットデバイスとなり、over fabric のイニシエータとなっている。ボリューム構成やin-bandの処理などは SDPK や BF のオフロードエンジンでオフロードも可能。つまり 4KB block で 2.7MIOPS (100Gbpsスループット)も原理的には可能だ。

b0068870_18470974.png
BF Smart NIC にはネットワークアイソレーションもあるため、一度で二度おいしい感じ。ネットワーク、ストレージの分離ができ、composable infra が構築できますよ、と。


一つ必要な要素がある。それはSNAPを使う SDS だ。一番最初のプレスリリースに Excelero や E8 のエンドースがあるので、その辺は察してほしい感じ。




by Takahiro_Komiya | 2019-03-22 18:59 | その他 technology
NVMe over fabrics というコンテクストでの FC vs RDMA
この記事は非常によく書かれている。NVMe over Fabircs ネタでこの blog を見ている人は見るべき記事。この記者は事情通ですな。

#のちほどいくつかコメント予定




by Takahiro_Komiya | 2018-08-16 11:57 | その他 technology
FC NVMe の実際 (NetAppの場合)
FC-NVMe のことについてやっていたのはずいぶん昔のことに感じられるが、ようやく製品の話が出てくるようになった。
BroadcomとNetAppが一番手であったか。


このページからも参照できるが、例によってDemartekからもレポートがでている。バッチレイテンシの比較では SCSI(FCP)に比べ半分以下のレイテンシになっている。素晴らしい。






by Takahiro_Komiya | 2018-05-21 12:53 | ファイバチャネル
SQream と DDN がパートナに
こんな記事が。

まだ、単に速いストレージってだけだろうけど、同じイスラエルの会社だし、パートナ関係結んでいるし、でもってAxelliotとこんな発表もしているし、いろいろやりたいですなぁ。

Alibabaの話も上がってますが、うちも結構使ってますよ、Alibabaさん。





by Takahiro_Komiya | 2018-03-29 09:50 | その他 technology
Microsoft Project Denali
Open Channel な感じといえば、Project Denali


b0068870_17100849.png



関係ないけど、Bluefield も FTL がターゲットソリューションですわな。





by Takahiro_Komiya | 2018-03-22 11:34 | その他 technology
Fabric-attached Bunch of FLASHとSDS(client)
Excelero だけではなく、東芝メモリも SDS に参入。プレスリリースには画像がないので、KumoScale のアーキテクチャはこちらで。FBOF (Fabric-attached Bunch of Flash) なる言葉はこちらのサイトに出ていた。

Pure Storage や EMC みたいな今までのアレイベンダだけではなく、Pavilion Data VexataAttala Systems といったところも出てきている中、E8や Micron + Excelero みたいなものも増えてくるのではないかとみている。背景としてはいくつか話はあるが、やはり Open Channel な話がある。

それはともかく、スケールアウトストレージといっても、ブロックプロトコルでアクセスしている限りは単一ボリュームへのアクセスは性能的にスケールアウトできない。したがって、ここを(データプレーンは NVMeoFを使いつつ)独自プロトコル化していくのは必然化と。こういう点でKumoScaleをみると面白そうな感じか。

#以上、妄想

やはりあの人に聞くしかないか?それともSNIA-Jなところで聞けるか?いずれにしても楽しみ。

↑というこをを踏まえ、これを読む

by Takahiro_Komiya | 2018-03-22 11:28 | Ethernet
GPU direct + NVMe
https://github.com/enfiskutensykkel/ssd-gpu-dma
by Takahiro_Komiya | 2017-10-13 14:52 | その他 technology
NVMe over fabrics target offload と CMB の話
そろそろ NVMe タグを作った方がいいか。

ちょうど先週話した件が分かりやすい資料になっている。どうせなら先々週この資料がほしかった。

# SDC2017 の Idan のプレゼンね

b0068870_16305867.png
b0068870_16310352.png
b0068870_16310952.png
b0068870_16311304.png



by Takahiro_Komiya | 2017-09-28 16:32 | その他 technology